2011. 10. 17  
この日は渓友塾との合同山行。3パーティーに分かれて湯檜曽川の支流を遡行しました。
我々沢ヤカ男パーティはゼニイレ沢。鮮やかに紅葉した木々に囲まれた快適なスラブの登攀を堪能した。

入渓
湯檜曽川本谷を膝下くらいの徒渉、昨日と明け方の雨で15cmくらい増水していた。
ゼニイレ沢出合はごらんの通りのガレ。

赤い岩盤の滝
最初の滝は赤い岩盤が露出した4m。右壁を難なく登れる。

泥壁ゴルジュ出口の6m滝
しばらくガレた沢床を行くと泥壁ゴルジュに突入する。その出口には6m滝。
ちょっと手前で左壁を登ります。泥壁に埋まった石を抜かないように慎重に・・・

ガレ脱出
ようやくガレ地帯を抜け出しました。
沢床の左寄りに岩盤が露出してくると、まもなく流れが岩盤上に移ってきます。

スラブ突入
スラブ帯に突入。慎重にルートを読んで水流左側を登っていきます。

記念撮影
ゼニイレ沢で最も広くすっきりしたスラブ滝で記念撮影。バックの紅葉が鮮やか。

スラブ登攀
スラブ帯中盤の様子。ずっとこんな姿勢なんで腰が悪い人には辛いかな。

10m2段の下のスラブ
かなり登ってきました。スラブ帯も後半に差し掛かる頃です。
水流からやや離れた左側を登っています。

奥壁
水が枯れ、ボサを抜けると、奥壁に突き当たります。
最初は登りましたが、このあと左側を巻いて藪に突入。
直登していれば藪漕ぎはもっと短かったと思います。

下山後、真沢温泉で他の2パーティーより一足先に入浴。
地ビールを飲みながら白樺・ケサ丸パーティーを待ち、合流後沼田で食事をして帰京した。
スポンサーサイト
NEXT Entry
2011.10.16 ケサ丸沢
NEW Topics
少し不思議...(2018.06.17:飯豊前衛・実川八ツ目沢)
相鉄線沿線?いえいえ...(2018.05.26:鶴沼川二俣川左俣)
2018.5.13 一之瀬川竜喰谷
2018.5.19笛吹川東沢鶏冠谷左俣
一見の価値あり、百間滝(2018.05.06:三滝川東多古知谷)
鈴鹿エメラルド(2018.05.05:野洲川元越谷)
祝!初檜枝岐、初山菜(2018.04.14:会津駒ケ岳MS)
2018.4.1丹沢河内川大当沢
2018.3.25 神ノ川矢駄沢
2018.3.11 葛葉川本谷
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
カテゴリ