FC2ブログ
2011. 08. 07  
土曜日の午前中に用事があって家から出られなかったため、日帰りでいけるところでかつ西沢渓谷から近いところということで赤抜沢左俣へ行ってきました。(土曜日に東沢ホラの貝のゴルジュを遡行したパーティと合流するためです)
右俣は二俣直後にゴルジュがあって、詰めもザレザレの大変な沢でしたが、左俣は快適に登れる(あるいは巻ける)滝が懸かる開放感のある沢でした。詰めも急傾斜ではありますが最後は樹林帯となり、3歩進んで2歩下がるなんてことはありませんでした。詰め上げる地点は高嶺付近と白鳳峠に近いので、ちょっと足の揃ったパーティなら手頃な日帰りルートと言えるでしょう。

出だしのガレ
連瀑帯までは急傾斜の赤いガレが続きます。

第一連瀑帯に取り付き
いよいよ第一連瀑帯に取り付きます。流を左に見ながら、細い水流が落ちる右壁を登ります。ホールドはしっかりしているので簡単に登れます。ルート取りさえ間違えなければ、特に難しいところはありません。

第一連瀑帯を楽しく登る
第一連瀑帯の滝を登っていきます。巻いたり、側壁を登ったり、中段でトラバースしたり、若干飛沫を浴びるところもありますが、快適です。

第二連瀑帯入口の滝
右手に開けた斜面が広がると、谷は狭まって第二連瀑帯となります。第二連瀑帯は樹林の中を流れており、平均傾斜も緩いので、第一連瀑帯とくらべるとしっとりと落ち着いた雰囲気になります。

第二連瀑帯の滝を登る
第二連瀑帯の滝も巻き気味に登るところが多いのですが、落ち口で水流に踏み込んだりして、登りながら水と戯れることができます。

左俣最大の12m滝
左俣は若干河原が多くなりますが、第二連瀑帯の延長のような雰囲気で、右俣とは趣を異にします。ここは左俣で最大の落差の滝12mです。右岸をちょっと登ったところから写真に写ってる草付を落ち口に向ってトラバースしました。

左俣12mは右岸草付を落ち口めがけてトラバース
12滝右岸をトラバースしてきたところです。

急傾斜のガレ再び
赤抜沢の頭に突き上げる右沢を分けてしばらく上ると、右岸からこんこんと湧き出る水を最後に水流は途絶えます。その後しばらく続く急傾斜のガレで撮った一枚です。

詰めは樹林帯
詰めは樹林帯になるので、ザレに悩むようなことはありません。うまく樹林が疎なところを拾っていけば藪漕ぎなしに登山道にでます。猪突猛進してしまうとハイマツの藪漕ぎを堪能できるでしょう。

登山道の適当な岩場で昼食を摂って、広河原に下山しました。途中から雨が降り出して、林道に降りる頃には土砂降りになってましたが、車を停めていた夜叉神峠はほとんど降ってませんでした。
夜叉神峠から車で芦安へと降っていく途中で、乗用車が横転していてバスが通れなくなっていました。夜叉神峠まで車で上がっておいてよかった。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2011年8月6日 富士山
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.13-14 谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
Comment
No title
ホラの貝のゴルジュに続く連ちゃんでしたが、ガンガン登れるこの沢も楽しめました。高速遡行下山で全身筋肉痛でーす。
沢ヤカ男
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ