FC2ブログ
--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018. 10. 13  
恒例秋の集中は、谷川連峰朝日岳集中で実施された。3班に別れB班はナルミズ沢から、C班はウツボギ沢から、そして我々A班のMリーダー、Fさん、Sは湯檜曽川大倉沢から朝日岳山頂を目指した。前夜みなかみ水紀行館にて先に到着していたB班と合流し情報交換しいつものように軽く寝酒を飲って就寝する。冷え込みが強いので念のためテントを設営した。
ookurasawa-1DSCN6270.jpg


翌日は、6時過ぎに水紀行館を出て白毛門登山口駐車場にて手早く身支度を整え7時過ぎに出発した。天気は晴れ、気持ち良く湯檜曽川右岸の林道を進んでいく。
ookurasawa-DSCN6220.jpg


ゼニイレ沢方面をみると上の方は紅葉が始まっている。
ookurasawa-DSCN6223.jpg


武能沢を通過したところで登山道からはずれ踏み跡を辿っていき、湯檜曽川魚止めの滝上部に入渓する。駐車場から2時間ちょいといったところだ。
ookurasawa-DSCN6233.jpg


しばらく平凡な河原をいき、左手から白樺沢が1:5で交わるところを過ぎると釜つきの2m滝がでてくる。これは左を登ってクリアし、その上の浅い淵も左をへつってクリアする。
ookurasawa-DSCN6239.jpg


その上の釜つき2mと3mの2段滝は、釜に腰まで浸かって左に取りつきクリアした。
ookurasawa-DSCN6243.jpg


その上部で沢が右に折れるところから通称「鰻の寝床淵」が始まる。淵に胸まで浸かって右側に取りつき2m程の高さにある草付きバンドに登り巻く。
ookurasawa-DSCN6251.jpg


50mほど行ったところで一旦降りて、右へ左へと歩きやすいところを選んで進んでいく。
ookurasawa-DSCN6255.jpg


流れが1m程度に絞られているところは、右壁を2m登り廊下状を歩いてクリアした。
ookurasawa-DSCN6259.jpg


6m滝が懸かるところで流れは今度は左に屈曲する。滝は左を簡単に登ることができる。
ookurasawa-DSCN6263.jpg


その先に大きな釜を持った15×40mのスラブ状滝がでてくるが、右側を楽に登れる。
ここら辺から前方に流れは細いが巨大な滝が見え始める。
ookurasawa-DSCN6267.jpg


4m滝の左を登ると全貌が見えてくる。
ookurasawa-DSCN6272.jpg



右から大倉沢が6m2条滝で合わさり本流は左に4m滝を伴いその先で直角に曲がり正面から圧巻の抱き返り沢が80mの連瀑をかけ合わさっている。しばしその景観にくぎ付けになる。
ookurasawa-DSCN6273.jpg



大倉沢にかかる二条滝は下が滑っていてザイルをだしてMリーダーがリードする。水流右を登るが最初からシャワークライムとなりどうにか突破する。
ookurasawa-DSCN6274.jpg


続く6m滝も右の中段まで登りそこからをザイルをだしてMリーダーがリードする。ピンを1個打ちクリアするが、ここも水流沿いのシャワークライムとなり、びしょびしょ状態で寒くなってくる。5m幅広の滝は左を登ることが出来た。
ookurasawa-DSCN6285.jpg


右から細い流れが10m以上の滝を懸けて3本合わさるところで流れは左の方に曲がっていく。
ookurasawa-DSCN6288.jpg


釜を持った2m滝、3m滝2つが連なるが、何れも快適に登ることが出来る。
ookurasawa-DSCN6290.jpg


昼食休憩を軽くとり、少し行くと10m滝が出てくる。
ookurasawa-DSCN6293.jpg


右の草付きルンゼを少し登り、ロープを出して左方向にトラバース気味に2ピッチに刻んで処理した。落ち口右へのトラバースがポイントだった。
ookurasawa-DSCN6294.jpg


続いて出てくる3段曲がり滝25mは、右のルンゼ状を登り、左へトラバースしていく最後の草付き岩場はお助けをもらってクリアする。
ookurasawa-DSCN6295.jpg


その先は急なゴーロ状となり、しばらく行くと右が崖状となるところは少し平たく開けていて大倉沢唯一のテン場適地だ。
ookurasawa-DSCN6300.jpg


そこを過ぎると、大滝35mとなる。
ookurasawa-DSCN6302.jpg


滝の右のルンゼに取りつき、10m程登ったところからザイル2本つなぎMリーダーがリードした。特に難しいところは無く滝上まで一気に登れる。
ookurasawa-DSCN6305.jpg


その先も大きなスラブ状のスロープ滝18×35mがかかる。簡単に右を登ってクリアする。
ookurasawa-DSCN6310.jpg


両側にスラブ壁が出てくるようになり、同様のスラブ状スロープ滝や小滝をいくつか越えていく。
ookurasawa-DSCN6315.jpg


Co1300mの1:1二俣では2m滝がかかる左俣に入る。
ookurasawa-DSCN6320.jpg


両岸が迫ってきて6m二段滝右から左を登る。正面の細い流れをかけた25m斜滝と合わさるところで本流は5mの滝を懸けて右に折れる。
ookurasawa-DSCN6321.jpg




5m滝を越えるとすぐにゴルジュとなる。
ookurasawa-DSCN6323.jpg



4mチョックストーン滝はMリーダーが空身で左からトライし、微妙なへつりバランスで登りきる。
ookurasawa-DSCN6326.jpg



セカンドのFさん、ラストの自分は、左壁下に適当なスタンスを見つけられず取りつくことができない。ここでかなり体温を奪われ震えがくる。結局、チョックストーン下の右側の水流をもろにかぶりながらの突破となり、震えが止まらなくなる。この滝が核心だったかな。


その先の4m滝上部は、空身となって右側を登る。Mリーダーにお助けを出してもらう。
ookurasawa-DSCN6331.jpg



まだまだ、ゴルジュは続き、5mの滝は右側のバンドに取りつき、上部で残置スリンゲ2カ所を利用して落ち口にトラバースするが、ここでラストの自分は足を滑らせ4m落下し岩にメット左側面をぶつけた衝撃でメガネの左レンズが外れ紛失。幸いけがは無く替えのメガネに交換して今度はお助けを出してもらってクリアする。
ookurasawa-DSCN6334.jpg



続く2m滝はリーダーが微妙なへつりで右壁をクリア。後続は、空身のゴボウで中央突破する。
ookurasawa-DSCN6335.jpg


滝上で日が暮れてきたのでヘッドランプを出す。次の5m滝は念のためロープを出してMリーダーが右壁を登りクリア。後続はヘッデン頼りにホールド、スタンスを探しどうにか登る。
ookurasawa-DSCN6336.jpg



ゴルジュは終わったが4m、6×10m滝と続き適当な更地が見つけられない。相変わらずヘッデンでは足元がおぼつかないので、ザイルを引いてクリアしていく。
ookurasawa-DSCN6338.jpg


続く、12×35m滝の途中にどうにか5人用テントの3/2ぐらいを設置できそうな場所を見つけ今日の泊り場とする。Fさんは低体温症気味でまずい状態だったがテントで着替えてどうにか一息ついた。テントに入れば住めば都の暖かさでFさんの西洋風料理に舌鼓をうち楽しんだ。


翌日は、ガスの中。泊り場は、スラブ状滝の途中の奇跡的にある平坦部だった。早速残りの部分を登る。
ookurasawa-DSCN6342.jpg


なかなかスラブ状滝は終わらず結局100mぐらい続いた。3mのネジレ滝は左から入り上は右を登る。
ookurasawa-DSCN6346.jpg


5m滝を簡単に越え、続く17m二段滝の下部でトラブル発生。右の枝沢に懸かる6m滝を5m程登り、17m滝の中段に向け左斜め上にトラバースしているところ、ラストの自分の足場が崩れ6m滑落する。右足かかとと左脚膝を強打し、しばらく痺れていたがどうにかなるので遡行再開。今度は念のためザイルをもらいクリアする。
ookurasawa-DSCN6349.jpg


上段10mは、左をザイルを出してMリーダーがリードする。
ookurasawa-DSCN6350.jpg


4mトイ状滝は左を登る。前の滝で私が落ちたので念のためザイルを引いて登った。
ookurasawa-DSCN6354.jpg


5m3段、4m2段、6m3段、8×10m滝と続くがいずれも簡単に登れる。
ookurasawa-DSCN6355.jpg


ガスのかかる中、1:1の二俣となる。左沢には20m2段滝がかかっていてこちらを行けば朝日岳直下に出るが、右沢を選んで遡行を継続する。
ookurasawa-DSCN6357.jpg


6mの岩組滝は滝下の水を浴びて左から右に移り登った。朝から少々寒い。
ookurasawa-DSCN6360.jpg


その先、両岸が立ってくるところにかかる7m滝は、ザイルを出して右の残置スリンゲを頼りに右壁を越えてクリアした。
ookurasawa-DSCN6364.jpg


その先は、源流の詰めとなり、特に大きな滝も無くひたすらゴーロを詰める。
ookurasawa-DSCN6372.jpg


そのうち気持ちいのいい草原上の窪みとなっていく。
ookurasawa-DSCN6376.jpg


しかし、その先笹薮にナナカマドやダケカンバ更にはシャクナゲとハイ松の混じるハードな藪漕ぎとなり30分以上あがく。
ookurasawa-DSCN6377.jpg


とやっと登山道に出ることが出来た。
ookurasawa-DSCN6379.jpg


朝日岳を望めるところまで行くと、山頂から2人が手を振っている。先に着いたB班の面々だった。
ookurasawa-DSCN6380.jpg


昼食をとっているとC班のメンバーも登ってきて、めでたく集中完了となる。
最初から待っていたB班は集合写真を撮った後、そそくさと下山を開始する。B班、C班は昼食を取った後、12時過ぎに下山開始。
ookurasawa-DSCN6390.jpg


笠ガ岳まで1時間程度アップダウンを繰り返す。
ookurasawa-DSCN6393.jpg


続く白毛門はそそくさと通過し一気に松ノ木沢の頭まで行く。
ookurasawa-DSCN6402.jpg


いつもの木の根っこがかかる急坂を下り、16時前に白毛門登山口の駐車場に到着した。
ookurasawa-DSCN6405.jpg


自分的には2度も落ちてしまい悔いが残るが、山頂集中も完了でき秋の紅葉を愛でながらで満足のいく山行であった。ただし、この時期に水をかぶらなければならない沢は避けた方が無難だろう。



bema
スポンサーサイト
NEXT Entry
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.13-14 谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。