FC2ブログ
2018. 11. 05  
エスケープに終わった中ノ俣沢の翌日は、日本一ちっぽけな山脈「櫛形山脈」の縦走に出かけた。

三好荘で朝食を済ませてから白鳥公園へ向かい、遅い出発となる。
九十九折の道を登って白鳥山への分岐を過ぎるとなだらかな登りとなって、逆光の中にマイクロウェーブの塔が見えてくる。
DSCF9487.jpg

小さな上り下りを繰り返して徐々に高度を上げて鳥坂山山頂にでた。
DSCF9488.jpg

木々の間からの眺め。
DSCF9489.jpg

黒中山を過ぎるとブナをはじめとする混成林のすっきりした林の道となる。
DSCF9494.jpg

櫛形山山頂とその前後は多くの登山者でにぎわっている。
山頂は東側が開けており、飯豊連峰の眺めがよい。
DSCF9500.jpg

大沢尾根コースを分けると少々藪っぽい林となる。
DSCF9502.jpg

大峰山山頂は標識がなければ気付かずに通り過ぎてしまいそうだ。
DSCF9508.jpg

願文山から杉林の急な道を降ていくと、いつの間にか桜公園内に入っていく。
DSCF9510.jpg

桜公園内でちょっと遠回りしてしまったが、金塚駅へ向かい、途中で予約した胎内市のデマンドタクシーで白鳥公園に戻った。

昼食時間を含めて5時間、本当に小さな山脈だったが短い間にも植生が変化して区間ごとに違った雰囲気を感じることができた。
スポンサーサイト



NEXT Entry
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.13-14 谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ