2011. 07. 05  
I谷です。

7月2-3日。南アルプスは仙丈ケ岳西面・尾勝谷塩(しよ)沢左俣へ行く。
アイスクライミングでは有名なこの沢も沢登りではからきしである。たとえば甲斐駒東面の沢の、花崗岩の快活さや優美さは全くなく、粘板岩の茶色みがかった、どちらかといえば地味な沢なのだ。

まあそれもよいではないか。記録の少ない、人臭さのない沢へ身を置きたがるのも沢屋の性か。

P7020016-s.jpg
尾勝谷出合にかかる鉄橋。
かばおさんは仙流荘から、私は甲府から北沢峠を越えてとそれぞれ違ったアプローチで集合。北沢峠から戸台へ向かう一番のバスは誰も乗っておらず、貸切状態の中甲斐駒から鋸の景観を楽しむ。

尾勝谷沿いには作業道が走ってい、塩沢から実質的に遡行開始になるがほとんどゴーロである。魚もほとんど走らない・・・
2日は二俣で泊。

3日は打って変わり、平均斜度30度以上の急峻な谷筋の中に滝が連続し、斜面も当然急なので巻きも容易でない。

P7030022-s.jpg
2段30m大滝。右壁の草付が登れなくもなさそうだが・・・

P7030024-s.jpg
核心部にて。次々と現れる難しそうな滝を巻いていく。小さく巻ける所はなく、どこも大巻きになって結構なアルバイトだ。

P7030028-s.jpg
核心部終盤の3連瀑、左岸を巻く。写真には写っていないが、奥に登攀困難を予想させる15m級の滝が控えている。巻きは巻きで急なザレを微妙なバランスでこなしたりして難儀。

P7030030-s.jpg
源頭部ではちょこっとナメ滝が出てきたり。

登山道を40分で駆け下り、丁度下ってきたバスに飛び乗って仙流荘へ戻る。仙流荘からは予約してあったツアーバスに乗り込んで中央道から新宿へ。やっぱビールを飲りながらのんびり帰れるのは最高だね! 渋滞もなかったし。
スポンサーサイト
NEXT Entry
2011年7月2-3日 北アルプス真川鳶谷
NEW Topics
2017.09.20-24 長走川周遊(大滝沢~白滝沢~赤抜ゲ沢~杉ノ沢)
2017.09.15-17 白蓬沢右俣~引上ゲ沢~白滝沢~柳小屋沢~大倉沢(左岸尾根)
2017.09.16 南カドナミ沢
2017.09.09-10 苗場釜川右俣
2017.09.09-10尾白川本谷
2017.09.0-04 某沢(其の二)
2017.08.26 長走川 黒森沢
2017.08.19-20 宝川板幽沢~ナルミズ沢
2017.08.17-20 某沢
2017.08.11-14 楢俣川日崎沢-沢種沢
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
カテゴリ