FC2ブログ
2018. 09. 24  
大日沢の山行から一において、上追流沢と御鏡沢を訪れた。
御鏡沢は大滝と明るい渓相が印象的で、飯豊でも屈指の美渓だった。

前日から昼過ぎまで雨だったため、初日はアプローチと割り切って、昼過ぎに大日杉を出発して切合小屋に泊まった。
一夜明けると天気予報通り晴れている。初日の午後から降っていないので、増水もほぼ治まっていそうだ。
上追流沢への入渓(下降)点は切合小屋のテントサイトにある。
DSCF8957.jpg

初めのうちは覆い被さる笹を掻き分けながら進むが、次第に開けてきて歩きやすくなる。
テントサイト付近にはベニヤやビニールの切れ端が所々に落ちていて、気持ちいいものではなかったが、この辺りまで来るとゴミも見当たらなくなる。
DSCF8961.jpg

下降を続けると開けたゴーロとなる。滝もかかっているが、クライムダウンしたり簡単に巻くことができる。
DSCF8968.jpg

長い沢ではないが、2時間弱で出合に到達した。
難所がなく、歩きやすい沢であることが窺えるだろう。
DSCF8977.jpg

出合の滝を左岸のゴーロ帯から巻いて本流の河原に降りて、上流を振り返る。
正面が本流の滝、右が下降してきた上追流沢の滝。
DSCF8979.jpg

出合からしばらくは河原歩きとなる。
DSCF8981.jpg

大きな岩が出てくると、小滝に続いて15Mくらいの滝が懸っていて下降を阻まれる。
右岸を巻いて降り、15M滝の釜から流れ出す滝の下部に出た。
DSCF8984.jpg

続く3M、5Mの滝をクライムダウンして、ゴルジュの河原を行くと、また落差のある滝が懸っている。
左右どちらから懸垂下降しても釜の中に降りてしまうので、今度も右岸を巻く。
DSCF8989.jpg

三つの小滝を過ぎた後、6M、8Mの滝とその下に続く急流帯も右岸を巻いていく。
DSCF8994.jpg

ゴーロの落込みの右側の壁を登ると、足下に御鏡沢の出合を見下ろせる小尾根の上だった。
DSCF9001.jpg

出合に懸る御鏡沢の2Mと5M2条の滝。
ここから5M2条の滝の落口くらいの高さまで下降したところから落口へ向かってトラバースした。
DSCF9002.jpg

5M2条の滝上からはゴーロが続いている。ゴーロの谷が左へ曲がると、右壁から白い水の束をヒョングらせている大きな滝が見えてくる。
DSCF9007.jpg

正面に続いているガレた枝沢を登って、滝の左側壁の草付からブッシュ帯に取付いて落口に出た。
基部との標高差は35Mあった。
DSCF9009.jpg

すぐに4M滝を越えると、沢が左に曲がって雄大な滝が見えてくる。
しかし遠目に見たほどの落差はなく、近づいてみると10Mくらいだった。
DSCF9016.jpg

落口を見下ろすように右岸を小さく巻いた。
DSCF9017.jpg

ゴーロを行くと2条の滝が見えてくる。
DSCF9019.jpg

均整の取れた美しい2条を描く40Mの滝だ。
この滝のすぐ左側に滝を懸けて出合っている枝沢を50Mくらい登って巻いた。
DSCF9021.jpg

樹林と草付の緑と露岩の白が斑模様を描く。この沢の中では複雑な地形だ。
DSCF9024.jpg

水流が壁の裏に回り込むように折れた先には、縦長の釜に注ぐ8M滝が懸っていた。
左側のリッジ状の壁を登って巻く。
DSCF9027.jpg

高巻いていると8M滝の上に6M滝二本と、さらにその奥に大きな滝が見えてくる。
6M滝二本を巻いて、大きな滝の基部に降りた。
DSCF9033.jpg

スラブ状の左壁に断続する草付バンドを繋げるように登って落口付近に出た。
落口付近の岩肌には何か所か手でつかめるような窪みができている。
この滝の落差は25Mだった。
DSCF9036.jpg

いくつか小滝を越えていくと、広河原になっている。
DSCF9043.jpg

広河原に続く15M滝を巻いた後、茶色い岩の10M3段は左の水流付近に取付いて中央を登った。
DSCF9049.jpg

上流部に懸る10Mの大きな簾状の滝の中央を登る。
DSCF9065.jpg

だいぶ開けてきて穏やかな渓相になってきている。
DSCF9071.jpg

4M、3Mと続く苔生した滝が最後の滝だった。
DSCF9079.jpg

浅く開けた河原はカール状の広大な斜面へと続いている。
DSCF9081.jpg

水流は広大なガレの中に消えて行った。
ここで靴を履き替えて、ガレの上部に続く草原を横切るとすぐに登山道に出た。
DSCF9089.jpg

混雑が予想される本山小屋を避けて、下山方向とは逆になるが御西小屋へ向かった。
DSCF9098.jpg

三日目、下山途中に穴堰を見に立ち寄った。
DSCF9110.jpg
スポンサーサイト
NEXT Entry
2018.9.23 湯檜曽川本谷
NEW Topics
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.9.22-24 和賀山塊 堀内沢マンダノ沢
2018.8.11-14 朝日連峰 出合川中俣沢(その2)
2018.9.24  湯檜曽川 2日目 芝倉沢
2018.9.23 湯檜曽川本谷
2018.09.22-24 前川 上追流沢下降~御鏡沢
2018.9.18-20 前川御西沢大日沢
2018.9.15-16 ブナ林の水路を逍遙 烏川~滑谷沢右俣~三本松沢左俣~滑谷沢右俣
2018.9.9 神宮川(濁川)本谷
2018.08.25 前川 天神堂沢~裏川 ナゴ沢
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
カテゴリ