FC2ブログ
2011. 06. 27  
26日。当初八ヶ岳・赤岳沢の予定を変更し、御坂の横沢へ赴く。

25日夜に美し森の駐車場に行ったまではよかったが、26日に行動を開始すると雨が本降りに。午前中は止みそうもないことからリーダーー判断で中止となった。

このまま帰るのももったいないので、以前リーダーが遡行したことがあり、天気の良さそうな御坂・横沢へ転進することとなる。この沢は最初こそ裏山の小沢という印象であり、貧相だがやがて次々と滝の懸る険谷に変貌する。

P6260006-s.jpg
10m×15mほどのナメ滝。ここで初めてザイルを出す。右壁から登るが、最初が泥付でいやらしい。

P6260010-s.jpg
核心部のゴルジュ、8mCS滝。リーダーのM山氏は以前左岸のバンド沿いを登ったらしいが、今回は積極果敢にシャワークライム。水が温くて助かった・・・

P6260015-s.jpg
核心部トリの30m不動滝。簾状に水を落とすさまはとても美しい。右壁を登り、予想通り抜け口で激シャワーだったが楽しく突破する。

この上は特に何もなく、山道が横切りこれを伝って帰り終了。30分で降りてしまった。核心部だけ楽しむならばよい半日コースだと思う。
スポンサーサイト



NEXT Entry
アイスではメジャーでも・・・
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.13-14 谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
Comment
前回は・・・
10月に行きましたね。
さすがに寒くて、シャワーを浴びないルートで登った記憶があります。一番印象に残っているのは不動滝を巻いているときに左岸の岸壁にあったスズメバチの巨大な巣でした。
今回はCSも不動滝も登攀を満喫できたのではないでしょうか?
確かに満喫しましたが
たっぷりと浴びたせいで下山中から匂いだし、爽快の余韻は消え去りましたが。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ