FC2ブログ
2018. 08. 05  
何度か登山道歩きを重ねて、何とか下山もできる程度に膝が回復してきたことが分かったので、今度は沢で様子を見ることにした。まずは短めで簡単そうな沢に登ってみようと白樺沢を選んだ。計画は少し欲を取り入れて、登山道横断地点まで登ってケサ丸沢というものだったが、左膝が痺れてきたので下降はカット、とは言えそれだけではあっけないので白樺沢を最後まで詰めてみた。

IMG_3050.jpg
土合橋から入渓点を目指す。快晴。

IMG_3051.jpg
いつの間にか湯桧曽川に馬が・・・。

IMG_3057.jpg
武能沢の先から踏跡を辿って湯檜曽川本流に降り立つ。久々の沢。先行者の足跡に幾分興醒めしたものの、やっぱり良いねぇ。

IMG_3058.jpg
間もなく白樺沢出合に着いた。出合はかなり貧相だな。

IMG_3062.jpg
両岸に草付を見ながら、岩盤を穿つ水流沿いを遡行する。
雪国らしくて良い。奥多摩、丹沢より谷川を選んだ甲斐があるというものだ。

IMG_3063.jpg
出合に到着。右はケサ丸沢の4M滝、左は白樺沢の30M大滝。
大滝は左壁が明瞭な段差になっていて登りやすい。上部(写真のどのあたりからかは分からない)は右側を登った。

IMG_3064.jpg
大滝中段からケサ丸沢を見下ろす。

IMG_3067.jpg
大滝上部。右壁を登っている。

IMG_3073.jpg
大滝を過ぎても滝が断続的に現れるが、いずれもルートはすぐに見て取れる。

IMG_3076.jpg
数少ない巻いた滝の一つ。ほとんどの滝は直登できる。

IMG_3080.jpg
先行パーティが登攀中にたどり着いた滝。ここから先行パーティと少し間をおいて遡行する。
この辺りから左膝が少し痺れてきたので、ケサ丸沢の下降をやめることにした。

IMG_3082.jpg
登山道横断地点を過ぎてから二つ目の分岐を右に入ると湧水が出ていた。
ここで持参のペットボトルのお茶を飲み干して、満タンに給水。

IMG_3084.jpg
稜線が近いようでいて、なかなかたどり着かない。5M前後の滝が4つ、その後笹が覆い被さってきて藪漕ぎになる。

IMG_3085.jpg
藪を抜けると稜線直下に広がる草原に出た。
稜線上の登山道との間を隔てる上部の藪は大した労もなく抜けた。

IMG_3093.jpg
登山道に出て、蓬峠の登山道分岐へ向かった。

白樺沢は特に困難なところもなく、草付の広がる上越らしい雰囲気を味わえる手ごろな沢という印象だった。
ガイドブックにも紹介されており、首都圏からも近いとなると、遡行者もそれなりにいるのもうなずける。
スポンサーサイト
NEXT Entry
2018.8.11-14 朝日連峰 出合川中俣沢(その2)
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
2018.9.24  湯檜曽川 2日目 芝倉沢
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
カテゴリ