FC2ブログ
2018. 05. 13  
F薪です。

ゴールデンウィーク後半は、鈴鹿の谷を2本歩いて来た。
初日の5日は、野洲川の源流部元越谷へ。

林道のゲート手前に車を停めて、しばらくの林道歩き。
林道の下には何箇所か堰堤が見える。ただ、水はきれいそうだ。
林道脇が広場になった箇所から入溪。始めは平瀬が続いて穏やかな流れだ。しばらく歩くと堰堤登場。近距離で2つの堰堤があり、どちらも左から簡単に越える。
川底の白砂が美しい。きれいだなあと思いながら歩を進めると、またしても堰堤。今度は連続して3箇所の堰堤があった。最後の堰堤は両岸とも切り立っており、小さくは高巻けなさそう。左岸を少し大きく高巻いて越えた。

堰堤を越えた先に深く水を湛えた釜。
水がエメラルドグリーンに輝いて目を楽しませてくれる。
深い釜はヘツリで越えていく。
Motokoshi01.jpg

入溪から1時間ほどで、大滝に到着。
先行した2人パーティが写真撮影をしていた。
通常ルートは乾いた右壁をバンドまで登り、左へトラバース気味に水流沿いを登るもののようだが、結構濡れそうなので、乾いた右側を登った。
Motokoshi02.jpg

大滝の上もエメラルドグリーンの釜や、
Motokoshi03.jpg

ナメが続く。
Motokoshi04.jpg

今日は天気もいいので、陽射しも気持ちがいい。
時には狭小なゴルジュ地形もあり。突っ張って越えていくのも楽しい。
Motokoshi05.jpg

標高800m辺りまで上ると、沢は再び平らな流れに変わり。蛇行を繰り返すようになる。
北の沢なら、先に湿原でもありそうな雰囲気だ。
Motokoshi06.jpg

詰めは少しの急登で藪漕ぎもなく930m峰南側の鞍部に飛び出した。
稜線の登山道では、数名のハイカーと行き交う。
また、風化した花崗岩による独特の風景も見られた。
Motokoshi07.jpg

盛りのシロヤシオが、なかなか華やか。
Motokoshi08.jpg

20分ほど稜線を辿ると水沢峠(すいざわとうげ)。
下山は、水沢峠から西に向かう地形図の破線路を辿ったが、あまり歩かれてはいないようで少し荒れ気味であった。

初めての鈴鹿の沢は、好天にも恵まれ、新緑とエメラルドグリーンの水が印象に残る美溪であった。
スポンサーサイト
NEXT Entry
一見の価値あり、百間滝(2018.05.06:三滝川東多古知谷)
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
2018.9.24  湯檜曽川 2日目 芝倉沢
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
カテゴリ