FC2ブログ
2011. 06. 20  
I谷です。

18-19日。険谷集う日光・女峰山の北面、三沢に入る。下流部は平凡な河原が続くが、50m超級の滝が並んで落ちる二俣から先はゴルジュの中に滝また滝の連続らしく、かねてから遡行リストに入っていたがあまりの腹痛で撤退となった。
同行のNG氏には申し訳ないことをしてしまった。

記録はHPに既出なので省くが、それにしても二俣の景観は素晴らしく、その先の世界が大いに気になるところだ。

腹痛の原因は、恐らく寝るときに腹を冷やしてしまったことだろう。替えのズボンを持っていかなかったことがあだとなった。今回のように前もって雨が降ると分かっているときは尚更、濡れと冷え対策をきちんとしていかないといけない。

P6190131-s.jpg
二俣。

P6190132-s.jpg
近づいてみるとこんな感じ。因みに滝つぼはない。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2011年6月25-26日 2週連続の中退
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.13-14 谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
Comment
No title
素晴らしい滝でした。
ここまでは何もないので、この先へ行かなければ行った甲斐がないと言ってもいい。
機会を窺って今度こそ。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ