FC2ブログ
2018. 04. 13  
エープリルフールの4/1に選んだのは、丹沢河内川大当沢。しょぼそうな沢だが、ヒルがいなさそうで手ごろなグレードなので計画した。新松田駅からバスに乗り込むと同行者のYさん、Tさんは既に乗車済み。丹沢湖手前の神縄で下車し、ポカポカ陽気の中を桜やミツマタを愛でながらダム下の広場へ歩いていく。東屋やトイレもある広場は泊りにも使えそう。
DSCN4653.jpg


ダム下の橋を渡った左側に多段堰堤で護岸整備された小さな流れが大当沢らしい。まともな沢とは思えない出合・・・。
DSCN4649.jpg


沢支度を整え早速出発。右岸沿いの疎林中を登り、連続堰堤が切れたところで入渓すると、4mの堰堤がすぐにあるが、右側のト
ラロープを頼って越える。これ以降、堰堤は出てこない。
DSC06863.jpg



すぐに5m滝が出てくるが、ホールドが細かく岩も脆そうな滝なので左のザレを木の根頼りに登り、滝上方向トラバースは微妙なのでロープを出してアイスハンマーを使い慎重にクリアーする。
DSC06869.jpg


下降用のトラロープが付いていたが、垂直なので自分たちのロープで懸垂下降して沢床に降り立つ。
DSCN4660.jpg



2m、3mの滝を越えていくと6mの滝が出てくる。少し寝ていてホールドスタンスが細かいがあるのでロープを引いて右に取りつくが、一歩が出せない。荷物を置いて空身になり再チャレンジ。途中で1箇所ピトンを打って微妙な個所をどうにか登りクリアした。
DSC06875.jpg
後続のYさんも荷物を背負ってだと苦労していたので、ラストは空身で登るが、左の方が登りやすかったようでTさんはすいすいと登って来た。



その先は、右側が崩壊しており、さっさと通過する。
DSCN4668.jpg



その先、2mくの字トイ状は流れの中央を登ると5m滝が出てくる。
DSCN4670.jpg



ホールドスタンスとも細かく登れないと判断し、左のぬめった岩場を登って巻く。
DSC06886.jpg



滝上の樹林帯へのトラバースでアイスハンマーのお世話になる。懸垂15mぴったしで川床に降り立つ。
DSCN4674.jpg



その先、3x5、4x7m滝を越えるとco485mの二俣に出会う。左俣の方は水流があるが、どうせ太郎小屋山に登るのでダイレクトに突き上げている右俣を行く。右側が崩壊していて、沢床は土砂で埋まった状態で、結局流れはほんの少し復活しただけで、土砂混じりの沢床をひたすら登る。
DSCN4676.jpg



傾斜は徐々に強くなり手掛かりがないと登りにくくなってきたのでco650m付近でも右手の支尾根に逃れ、根っこ便りに登っていくと、co700m付近で炭焼き釜跡を発見。昔はひそかにこんなとこで炭焼きしていたのか・・・。
DSC06897.jpg



境界標が所々打ってあり流石どこでも歩かれている丹沢といった感じ。
DSC06900.jpg


なかなか、山頂に到着せず、へばる一歩手間で、太郎小屋山(843m)に着く。
DSCN4688.jpg


尾根を北西方向に向かい、ボウズクリ沢の右岸尾根の登山道を使い下山する。
DSC06908.jpg


Yさんは体がなまっていたのか、下山後内腿をつってダウンする。
DSCN4692.jpg


どうにか、15:15のバスにせき立てて間に合った。短い沢であったが、泥壁トラバースや根っこ掴んだ急登で、シーズン初めの良いトレーニングとなった。


bema
スポンサーサイト
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
祝!初檜枝岐、初山菜(2018.04.14:会津駒ケ岳MS)
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
2018.9.24  湯檜曽川 2日目 芝倉沢
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
カテゴリ