FC2ブログ
2018. 02. 19  
久しぶりの冬沢部出動で房総の沢に行ってきました。
1日目は高宕川へ。探検気分が味わえました。

入渓すると、早速高い岩壁が現れます。
nDSC06455.jpg

ハート型発見
nDSC06460.jpg

この滝の上が二俣。右が本流ですが、我々は左へ。nDSC06461.jpg
川回しする前の沢型と思われる地形を辿って川廻しトンネルの上に出る計画です。

これまでの平坦な流れとはうって変わって、滝が現れびっくり。
nDSC06472.jpg

nDSC06476.jpg

川廻しトンネルの上に出ました。
nDSC06490.jpg

トンネルの下は滝になっているんですね
nDSC06492.jpg

側壁の地層が面白くて足が止まります。なかなか前に進みません^^;
nDSC06509.jpg

高い側壁の上から雫が落ちてきて、思わず上を見上げる
nDSC06530.jpg

120m付近で左岸枝沢に入ります。出合は滝になっています。
nDSC06537.jpg
ナメが続いて、尾根を乗越して右俣へ降ります。

右俣はどんな感じなのかなと降りていくと、こちらもナメ・・と思ったら
nDSC06541.jpg

意外にも苔むした岩の巨岩帯に。
nDSC06547.jpg

75m付近の左岸枝沢に入ってみると・・まるで車道のような幅広ナメが続いていました。
nDSC06549.jpg

右俣に戻って少し行くと、川廻しトンネルの前に出ました。
せっかくなので滝を登ってみました。結構ヌメっていて気が抜けません・・
nDSC06557.jpg
でも、1段登ると!!

巨神兵がいました。^^
nDSC06558.jpg
ゴゴゴ・・・

つい登りたくなるO嬢
nDSC06564.jpg

nDSC06570.jpg

最後は川廻しトンネルで締めくくり
nDSC06577.jpg
おしまい♪


~おまけ~
房総・・千葉・・チバニアン?・・そうだ!チバニアンに行こう!ということで行ってまいりました。
nDSC06583.jpg

約77万年前は地磁気が逆転していた、ということなのですが、そんな昔の地層が養老川の流れのすぐ横にあるというのがなんとも不思議でした。。。
nDSC06589.jpg

熱心に眺めるY師匠
nDSC06595.jpg

2日目のキンダン川へ続く~


nao
スポンサーサイト
NEXT Entry
2018.2.12 小櫃川キンダン川
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
2018.9.24  湯檜曽川 2日目 芝倉沢
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
カテゴリ