FC2ブログ
2017. 10. 11  
昨年11月中旬1泊2日の日程で挑戦し、積雪のため時間がかかり敗退しヘッデン下山の遅延下山報告となった山行のリベンジ計画に参加した。今年は、西山金山跡から入山し、噴泉塔付近と湯沢上部で泊まる2泊3日の計画がたてられた。天気は、初日前半雨だが、それ以降は曇り~晴れの予報でまあまあといったところ。前日夜、東北道を日光湯元に急ぎ雨の中ステビバする。

yuzawa-TDSC05524.jpg

7日:曇り
日光湯元を6時過ぎに出発し、西山金山のお寺跡の尾根にかかる登山道から入山する。天気は曇りで予報が外れうれしい。急登にあえぐこと1時間で鞍部に到着、そこから湯沢枝沢方面へ降りていくとトラバース道跡がついていたのでそれを辿っていくが、途中不明瞭となり、地形図やGPSとにらめっこして、噴泉塔上部の枝沢の沢形にたどり着く。
yuzawa-DSCN4245.jpg

何個か滝をクライムダウンしていくと湯沢に出合う。去年のイメージより水量が少ない感じ。
yuzawa-DSCN4256.jpg

そこから数分下降すると目的の温泉地帯に到着した。テントを設営し、湯船を工作して温泉にビール片手にごろんと全身浸かって良い気分となる。
yuzawa-DSCN4258.jpg

その日は、焚火も盛大にでき夜は二度目の温泉に浸かり、野湯を堪能した。
yuzawa-DSCN4262.jpg

8日:晴
テン場から河原をしばらく遡行すると右岸側より幾条かの滝が懸かる独特な景色となる。
yuzawa-DSCN4271.jpg


左岸側は火山性の崩壊地といった感じで、昔は温泉が湧きだしていたのかもしれない。
yuzawa-DSCN4273.jpg


この山行で初めての滝らしい滝となる5mの釜を持った滝は、左を小さく巻くことができる。
yuzawa-DSCN4276.jpg

続く3mの釜を持った滝は、左側をへつって越えることができるが、腕力が必要でTさんは左を巻いて突破した。
yuzawa-DSCN4277.jpg


インゼル状の広い河原となってくると、大岩沢に出合う。この沢も温度は低いが温泉成分を出している箇所がある。
yuzawa-DSCN4295.jpg


ゴーロ沢を詰めていくと両岸が切り立ってきて連瀑帯となる。最初の3m、4m滝は左を登って越える。
yuzawa-DSCN4308.jpg


続く2m滝は最初のスタンスが細かく高いところにあるので空身でトップが登り、後続を確保して登る。
yuzawa-DSCN4313.jpg


10m滝は、念のため右をザイルを引いていき、ハーケンを2箇所打って突破した。
yuzawa-DSCN4314.jpg


沢が左に折れたところに8m滝が懸かるが、左の草付きルンゼ状を登り、ザイルで確保して滝上にトラバースした。
yuzawa-DSCN4320.jpg


滝上からは、去年敗退したCS滝がばっちし見える。昼食タイムとしてあれこれ作戦を練るが、左岸を巻く事に決定。急斜面なのでTさんにザイルを引いてもらう。
yuzawa-DSCN4326.jpg


途中、ルート工作に逡巡する場面もあったが、ザイル確保でトラバースしていき、尾根っぽいところを上がると左沢の流れ込みと10m滝が右沢にかかっていて、この滝もまとめて巻いてしまう。
yuzawa-DSCN4329.jpg


右沢をテン場好適地がないか物色しながら遡行し、3時過ぎにco1800m付近でテントを張る。

yuzawa-DSCN4333.jpg


この日も盛大な焚火が出来て満足であった。
yuzawa-DSCN4334.jpg


9日:晴
この日も天気は上々。テン場から先は渓相は単調となり左に沢を選んで詰めあがっていく。
yuzawa-IMG_2766.jpg


大した藪漕ぎも無く9時半過ぎに鞍部に到着し、刈込湖に流れ込む沢を下降していく。
yuzawa-IMG_2789.jpg


大きな滝はなくせいぜい6mといったところで何れもクライムダウンできる。


穏やかな流れとなり、刈込湖に到着すると、登山者が湖岸に数名いて、下界に帰って来た感じ。
yuzawa-IMG_2798.jpg



日光湯元に抜けて、湯畑を見学し、去年のリベンジを果たしたことに満足しながら温泉にゆっくりと浸かって帰京した。


bema
スポンサーサイト
NEXT Entry
2017.10.14_貝沢川
NEW Topics
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.9.22-24 和賀山塊 堀内沢マンダノ沢
2018.8.11-14 朝日連峰 出合川中俣沢(その2)
2018.9.24  湯檜曽川 2日目 芝倉沢
2018.9.23 湯檜曽川本谷
2018.09.22-24 前川 上追流沢下降~御鏡沢
2018.9.18-20 前川御西沢大日沢
2018.9.15-16 ブナ林の水路を逍遙 烏川~滑谷沢右俣~三本松沢左俣~滑谷沢右俣
2018.9.9 神宮川(濁川)本谷
2018.08.25 前川 天神堂沢~裏川 ナゴ沢
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
カテゴリ