2017. 09. 18  
今回の山行では初めて裏川へアプローチする。山行前には17日の昼前後から雨、18日には台風接近の予報が出ていたので、当初の行程をできるだけ前倒そうとしたが、なかなか思惑どおりは行かなかった。

9月15日

裏川堰堤は東北電力の設備なので、林道は整備されており普通乗用車でも問題なく走行できた。林道終点で山道の入口を見つけるのに少し苦労したが、一歩踏み込んでしまえば初めのうちははっきりした踏跡が続く。しかし途中には草を踏み倒しただけのような区間もあって、全体にはかなり荒れているという印象だ。この道を盆休み前後の猛暑の中アブに纏わりつかれながら歩くことを考えるとかなりげんなりしてしまう。

林道終点から一時間半足らずで要所口に辿り着く。要所口は快適そうな段丘になっており、できれば二日目にはここまで降りてきて増水の心配もなく泊まりたいものだと思った。
urakawa-nagabashirigawa001.jpg

白蓬沢の出合は本流をスケールダウンした感じで穏やかな印象だが、やっぱり両岸は立ってくるのがこの山域の沢の常といったところか・・・。
urakawa-nagabashirigawa002.jpg

二俣まで三カ所ほどまとまった滝場があり巻いたところもあったが、特に困難なところや大滝はない。左俣は3段の滝を懸けて(3:2)の水量比で出合う。左俣が本流で地形図からは結構険しい渓相が想像される。
urakawa-nagabashirigawa003.jpg

右俣は穏やかな流れで出合っている。
urakawa-nagabashirigawa004.jpg

いくつか滝が懸るが特に難しい滝や大きな滝はなく、概して平凡な沢だ。
urakawa-nagabashirigawa005.jpg

至って斜度を感じない沢で、最後まであまり斜度を上げないまま尾根に突き上げている。
尾根到着はほぼ正午。こびやた沢へ降って泊まる計画だったが、ここから20Mも降ればこびやた沢に着いてしまう。17日に予報されている雨が気になるので、先へ進むことにする。
尾根にはうっすら踏跡があって、沢へ降りて遡行するより早そうなので、尾根を辿って長走川との分水尾根を目指すことにした。
urakawa-nagabashirigawa006.jpg

こびやた沢を見下ろしながら尾根を登って分水尾根に到着。反対(西)側へ下降していくと引上ゲ沢が見えてくる。
最後は懸垂下降で沢床に降りた。
urakawa-nagabashirigawa007.jpg

地形図通り斜度はなく穏やかな流れだが、両岸はかなり立っており滝が出てこないことを願いつつ下降する。
urakawa-nagabashirigawa008.jpg

滝がでてくると、支点になるブッシュも手が届くところにはなく、高巻きに時間をとられる。
urakawa-nagabashirigawa009.jpg

800M前後のところから斜度を増して釜へと落ち込む滝が続くようになる。
左岸に取付いて、ここから出合までを一気に巻くことにした。
urakawa-nagabashirigawa010.jpg

枝尾根から主尾根にでると踏跡があって、小ピークを一つ越えた先のコルから白滝沢へ向かって下降した。
コル付近はちょっと開けたブナ林になっており、水があればここに泊まってしまっても・・・という気になった。
urakawa-nagabashirigawa011.jpg

椀を伏せたような4Mの滝の釜の畔に降り立った。
urakawa-nagabashirigawa012.jpg

少し下った所にある広い淵の際に小高い砂の台地を見つけてツェルトを張った。
urakawa-nagabashirigawa013.jpg


9月16日
白滝沢は引上ゲ沢をスケールアップした感じの渓相だ。大きな滝もあるが、高巻きはそれほど難しくない。
urakawa-nagabashirigawa014.jpg

ひらけた区間もあるが、概ねゴルジュ帯の下降が続く。
urakawa-nagabashirigawa015.jpg

出合付近の滝群は右岸から巻いて、尾根の先端から二俣に降りてきた。
二俣から下流は問題になる所はなく、10分程で柳小屋沢出合に着いた。
urakawa-nagabashirigawa016.jpg

柳小屋沢の出合は少し藪っぽい。小滝が懸る程度で難しい所は少ないが、異様に倒木が目についた。
urakawa-nagabashirigawa017.jpg

550M付近で大きくカーブしているところがゴルジュとなっており、3Mの滝が登れず、ここを巻くために右岸の悪い高巻きに1時間半以上要した。
urakawa-nagabashirigawa018.jpg

600Mを過ぎると小滝とナメが連続するようになり、上部で水流が細くなってくると登れない10M以上の滝が連続する。
最後は再び小滝とナメが続くようになり、沢型はブッシュ帯に消える。
urakawa-nagabashirigawa019.jpg

筆塚山北方の小ピーク付近に詰め上がると、そこにも踏跡があった。間違いなく昨日辿った白滝沢左岸の尾根から続いていると思われる。もしかしたら大倉沢左岸尾根も踏まれているかもしれない。
既に15:00を回っていたが、大倉沢に向かって下降する。
urakawa-nagabashirigawa020.jpg

ブッシュ帯を下降していくと一旦ルンゼに降り立ち、ルンゼが本流に注ぐところで倒木を支点に懸垂で本流に降り、足下にあった5M滝下まで続けてロープを伸ばした。
続く3M滝をクライムダウンしたが、さらに深い釜に落ちていく5M滝が懸り、その先も狭い溝のような沢型が続いている。幕場になるようなところを期待できそうな渓相ではないので、早々に見切りをつけて左岸の尾根を登り返した。斜面の途中のやや開けたところにツェルトを張った。
urakawa-nagabashirigawa021.jpg


9月17日
大倉沢に下降することも考えたが、幕場が860Mで尾根の方がはるかに近いこともあり、露岩のルンゼを登って尾根にあがった。
urakawa-nagabashirigawa022.jpg

予想通り大倉沢左岸尾根にも踏跡があった。720M小ピークの先で踏跡が不明瞭になるが、コンパスで方向を定めて大倉沢出合に続く尾根を目指す。途中広々としたブナ林を抜け、しばらくすると植林帯となる。
urakawa-nagabashirigawa023.jpg

大倉沢出合に降りてきた。結局下降する予定だった大倉沢は、上部と下部を見ただけで殆ど巻いてしまった。
出合付近で川幅が広がっている本流を膝あたりまで浸かって徒渉して、往路と同じ山道を辿って林道終点に戻った。
urakawa-nagabashirigawa024.jpg

結局最後まで雨は降らず、荷物を整理して車に積み込んでいるときにぱらぱらと小雨が落ちてきた。
スポンサーサイト
NEXT Entry
2017.09.20-24 長走川周遊(大滝沢~白滝沢~赤抜ゲ沢~杉ノ沢)
NEW Topics
2017.10.14_貝沢川
2017.10.08-09_大石川イヅグチ沢etc
2017.10.07-09 長走川 小面沢~雨乞沢・与兵ェ沢~上鱒沢
2017.09.30-10.01朝日北部前衛 梵字川小沢遡行~大越川ネズックラ沢下降
2017.09.30-10.01 長走川 深沢綱木俣沢~オウトウ沢
2017.9.24 四十八滝沢
2017.09.20-24 長走川周遊(大滝沢~白滝沢~赤抜ゲ沢~杉ノ沢)
2017.09.15-17 白蓬沢右俣~引上ゲ沢~白滝沢~柳小屋沢~大倉沢(左岸尾根)
2017.09.16 南カドナミ沢
2017.09.09-10 苗場釜川右俣
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カテゴリ