2017. 09. 17  
せっかくの三連休は、台風の影響が出てしまいそう・・・、でも、沢には行きたい!ということで、台風の影響が出る前に、谷川の南カドナミ沢へ行ってきました。

8時少し前に駐車スペースに到着すると、既に車が三台停まっていた。しかも、そのうち一台の近くでは、沢の格好をした二人組が準備をしている。もしや?!と思ったらやはり、「南カドナミ沢に行きます」とのことであった。

そのお二人が出発してから数分後、出発。噂の通り、南カドナミ沢のスタート地点は、なんともしょぼい。
IMG_0469.jpg

右岸の踏み跡を少し辿り、適当なところから入渓する。20分程でようやくナメが出てきて、沢っぽくなる。
IMG_0471.jpg

4mは、右から登ろうとしたが、上部がハング気味だったので、素直に左岸を巻く。
IMG_0473.jpg

先行した二人組に追いついてしまった。あんまりぴったりくっついて行くのも申し訳ないので、休憩を取ってやり過ごす。
この7mは、右岸から巻く。
IMG_0477.jpg

釜を持った8m滝は、左から。ちょうどいいところに潅木があり、簡単に登れる。
IMG_0482.jpg

7m滝は、右から入って水流を登るルートが取れそうであったが、先行者が登攀中であったため右岸を巻き、先に行かせてもらうことにする。
IMG_0486.jpg

登れる滝もたくさんあり、なかなか楽しめる。
IMG_0487.jpg

co880で中俣との二俣。100mはありそうなスラブが続いていた。
IMG_0491.jpg

一旦、ゴーロになるもののお楽しみはここから。
IMG_0492.jpg

2段5m滝は、階段状で簡単そうに見えたが上段は逆層で滑りそう。左から巻いたが、巻きもいまいちで素直に登った方が良かったかも。
IMG_0494.jpg

co980の三俣。左に入り、またもやゴーロとなる。
IMG_0495.jpg

緑の苔が張り付いた滝(水はほぼない)をいくつか登っていくと
IMG_0498.jpg

スラブ地帯に突入。絶対滑っちゃ駄目なところ。振り返ると、高度感がハンパない。
IMG_0500.jpg

スラブ地帯が終わると、岩登りチックになる。そして最後は、藪を少し漕いで・・・というイメージだったが、いやはや、なかなかしっかりした藪漕ぎとなる。大好きな藪漕ぎをたくさんできたということで良しとしよう・・・。

稜線でランチタイム。遥か彼方に、土樽駅の電車、高速道路を走る車が見える。
IMG_0502.jpg

下りは、カドナミ尾根。しっかりした踏み跡があるものの、滑る滑る。一時間弱でスタート地点に戻る。

車に着いたら、Yさんが冷えっ冷えのコーラをくれた!(Y号には秘密がいっぱい)
帰りはせめてもの恩返しにハンドルを握るものの、高速を下りた後の都内の運転が一日のなかで一番疲れた・・・。

by K
スポンサーサイト
NEXT Entry
2017.09.15-17 白蓬沢右俣~引上ゲ沢~白滝沢~柳小屋沢~大倉沢(左岸尾根)
NEW Topics
2017.10.14_貝沢川
2017.10.08-09_大石川イヅグチ沢etc
2017.10.07-09 長走川 小面沢~雨乞沢・与兵ェ沢~上鱒沢
2017.09.30-10.01朝日北部前衛 梵字川小沢遡行~大越川ネズックラ沢下降
2017.09.30-10.01 長走川 深沢綱木俣沢~オウトウ沢
2017.9.24 四十八滝沢
2017.09.20-24 長走川周遊(大滝沢~白滝沢~赤抜ゲ沢~杉ノ沢)
2017.09.15-17 白蓬沢右俣~引上ゲ沢~白滝沢~柳小屋沢~大倉沢(左岸尾根)
2017.09.16 南カドナミ沢
2017.09.09-10 苗場釜川右俣
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カテゴリ