FC2ブログ
2017. 09. 11  
暑かったり涼しかったりで、体調が悪~い。
なんだかウツウツと過ごしていて、朝起きてもだるいなぁなんて思っていたが、登山口に到着した途端にものすごく元気が出てきた、ワタシだ!!
ただの、おやまに行きたい病だったらいし(笑)

日向山登山口にから入渓までは一時間ちょいの林道歩き。
20170911222344aa3.jpg

入渓は大岩の傾斜の緩いゴーロ帯。
南アルプスって感じです。
20170911222346f17.jpg

まずは女夫滝8m。右岸にロープがかかっていました。
201709112223472e4.jpg

つぎは、ハシゴ滝。ダンダンダ~ンっとキレイです。
201709112223509a3.jpg

深い釜を持ったいくつかの滝を巻いていきます。
20170911222350fb1.jpg

途中のナメにホッ。
20170911222441f4e.jpg

癒されたのもつかの間、大物きました。「右だー」
2017091122244337e.jpg

モダンアートはヘツリやすい。
20170911222444737.jpg

一枚岩のナメは壮大です。
20170911222446a20.jpg

ともすると、大岩帯に突入。岩、デカすぎでしょ!?
20170911222457527.jpg

段々の滝は、右岸を巻いて突破。
201709112225515c4.jpg

サイドのスラブが迫ってくる。大滝が現れても巻けない。
201709112225520f3.jpg

大岩のゴーロ。越えるのは一苦労。
2017091122255407b.jpg

中を偵察してもらうと。
201709112225556e6.jpg

岩の向こうは立てるほどに広い。くぐって越える。
20170911222556032.jpg

次も、岩の中を進む。目指すはあの光。なんかこわいなあ。
20170911222639e15.jpg
岩の中の一段が上がれず、ザックを先に上げて、空身になってどうにか越えた。ここで膝小僧がアザだらけになった・・・トホホ
飛び出た先は、本日の目的地の石室。しかしながら時間が15時少し前だったので、もう少し進んでみることにした。
そうしたら難所あらわる。ワタシがI先輩のショルダーで上がるのだか、上り口が狭くてお尻がはまってしまいあたふたあたふた。本当にすいませんでした。ダイエットします。後続は、ゴボウを試みるもこれまた難しいんです。ワタシはただただ応援するのみ。

頑張った甲斐があって、極上のテン場に到着。
20170911222640301.jpg

今回の目的、南アルプスの天然水でボウモアのトワイスアップ。あーら、フォトジェニック!
201709112226423b1.jpg

乾いた木が多かったので焚き火もできて、満足な夜。
20170911222643921.jpg

二日目の塑行を開始。
序盤から現れました、連瀑大滝45m。
下は右の草付きから。
2017091122264583a.jpg

中盤からはリードしてもらいました。
ワタシでは下部の残地までしか辿り着けず、ほぼゴボウさせてもらいやっと。
20170911222729fa6.jpg

急峻なゴーロは息が上がる。
落石注意箇所は緊張が高まり、疲労度もアップ。
20170911222731940.jpg
登山道にでて緊張感から開放された瞬間的、その場に倒れ込んだ。

下山は烏帽子岳を越えて八丁尾根を行く。
踏み跡はあるらしいとの前情報だったが、とてもよく整備されていた。
20170911222732358.jpg

クサリ有り。
20170911222734850.jpg

ハシゴ有り。ザイル、ハシゴ、クサリと直登ルートが続く。
2017091122281344c.jpg

日向山まで約6時間。
二日目の行動時間は、10時間半でした。お疲れ様でした。
2017091122281456f.jpg
翌日、ポンコツだったことはいうまでもなく。


この夏、私の裏ミッションはリーダー会員と行く、リーダー会員食当の山行♪

7月はM氏と北アルプス前川本谷でポトフ。
8月はNG氏と飯豊長走川黒森沢で夏野菜のトマト煮込みとローストビーフ。
そして今回はI氏と南アルプス尾白川本谷で釜飯!のはずが、釜飯のもと忘れにより白ごはん(※)。しっかりオチまでつけていただきました。
みなさまご馳走様でした。とってもおいしかったです。
※もちろんおかずはありです。


shin

スポンサーサイト
NEXT Entry
2017.09.09-10 苗場釜川右俣
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
2018.9.24  湯檜曽川 2日目 芝倉沢
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
カテゴリ