FC2ブログ
2017. 08. 24  
先週、8/19-20は、夏合宿に引き続き、利根川水系の宝川板幽沢~ナルミズ沢遡行継続に行ってきました。3つの候補地があったのですが、どこも天気予報はイマイチで比較的マシかと思われる谷川岳方面に決定。単純にナルミズ沢を遡行するのではなく、板幽沢経由で重荷で全行程を逍遥するのがこの計画のミソ。Narumizu-00.jpg

いきなり宝川林道が途中崩壊しており、宝川温泉駐車場から40分の林道歩きが追加されるが、天気がイマイチなのが幸いしてそれほど苦ではない。
Narumizu-01.jpg

板幽橋の右斜面を下りて入渓すると、すぐに4x5m、6x8m、5x7mと滝が続くが、何れも簡単に登れる。ここでTさんが滑って2m程ずり落ちる。結構滑っているので要注意と思ったが、この後も河原で滑ることが多く結構水に浸かったりしてしまった。
Narumizu-02.jpg

この先はしばらく急なゴーロとなり、3mの大岩滝は右を小巻いて通過する。
一旦広い河原となるが、すぐに急なゴーロとなり小滝をいくつも越えている気分になる。
Narumizu-04.jpg

続く6mの3条スダレ滝は左中央部のカンテ状をザイルを引いて登り後続を確保し、そのまま8x12mのナメを登ってもらう。
Narumizu-05.jpg

再びゴーロとなるが、そこから先は何れも登れる釜を持ったナメ状滝が多くなってくる。3mの滝を伴って布引沢が1:3で流れ込んでくる。
その先は、岩質が黒っぽく変わってきて2~4mの滝をいくつか越えると、6m滝に出会う。この滝は登れそうにないので素直に右を巻いた。
Narumizu-07.jpg

いくつかの滝と狭くなったトイ状部分はオポで楽しく遡行していくと、右から5mの滝を伴って2:1で菊石沢が合わさる。
Narumizu-08.jpg

左の奥布引沢の方を遡行していくがとうとう雨が降り始める。2~4mの滝をいくつか越えるとボサっぽい沢になってくる。Co1480mで左の支沢に入りボサ沢を登っていくとぽっかりと草地の空間にでる。天気も持ち直し、高山蝶のベニヒカゲもちらほらし気持ちのいいところだ。
Narumizu-09.jpg

その先で沢形はすぐに消え藪漕ぎとなる。それ程密籔ではないが30分ほどで1605mの鞍部に到着する。
Narumizu-10.jpg

20分ほど藪を漕いで行くとナルミズ沢の支沢の沢形に出る。2~4mの滝をいくつもクライムダウンしていくと7m滝に出会う。ここは、右に残置スリンゲを見つけ懸垂下降する。
Narumizu-11.jpg

続く4mのヒョグッタ滝は左の灌木帯を巻き下り、3m程度の滝を2つクライムダウンすると7m滝が出てくる。左の灌木に懸垂下降用に残置スリンゲがあるが、左のガレルンゼまで灌木帯をトラバースし巻下りた。
Narumizu-12.jpg

更に滝を数個クライムダウンすると、2+3mと2mのそれぞれ釜を持った滝がホールドに乏しく、右の灌木に支点を作り30mザイルを2本連結し懸垂下降で降りた。が、右岸側は釜のふちが立っていてドボンして全身ずぶぬれになる。左岸側を後続のTさんはうまく降りる。
Narumizu-13.jpg

そこからすぐにナルミズ沢本流と5:1で出合い、左岸側の整地されたテン場に泊まるが、雨のため焚火は出来ずおとなしく就寝した。

翌日は午後から天気が悪化する予報のため、6時半過ぎにテン場を撤収して出発する。若干増水気味の本流を遡行するとすぐに8m滝が出てくる。右側が登れそうなので取りつくが、かなり岩が滑っており、中間に残置ピンもあるので念のためザイル確保で登る。
Narumizu-14.jpg

所々、ナメがかった河原をしばらく遡行していくと7x15m滝、5x10m滝と何れも快適に登れる滝が出てくる。
Narumizu-15.jpg

その先で朝日岳に突き上げる左俣と大烏帽子岳に突き上げる右俣に1:1で分かれる。右俣を詰めていくと、10x40mのS字状ナメが出てきて気分がいい。
Narumizu-16.jpg

その後、急なゴーロをしばらく詰め、滝をいくつか越えると8m滝が出てくる。この滝は右に明瞭な巻き道があるのでそれを辿っていき越えた。
Narumizu-17.jpg

沢は小さくなり、ナメと小さな滝をいくつか遡行していくと、草原の中に沢が1:1で分かれるきれいなところに出る。ガスっていて幽玄的な風景だ。
Narumizu-18.jpg

ここから、左沢を草原上の中をしばらく遡行し、最後は腿上程度の笹薮をひと漕ぎすると鞍部の踏跡に30分程度で出る。ここからジャンクションピーク(JP)まで1時間20分ほど薄い踏跡の膝上笹薮をたどっていくが、結構つらい。時折ガスがきれて山容が見えるのが慰めとなる。朝日岳に突き上げる左俣は雪渓で埋まっているのも確認出来た。
Narumizu-19.jpg

JPから左手に池塘や湿原を見ながら朝日岳に登っていき、宝川温泉への分岐を左に折れ、滑りやすい急坂を下り、大石沢出合に1時間ほどで出る。そこから、アップダウンの多いナルミズ沢沿いの山道を進み、3時間ほどで宝川温泉駐車場に着く。鞍部に出てから6時間強の長い下山だった。先週に引き続き、水上温泉ふれあい交流館で汗を流し帰路に着いた。

bema











スポンサーサイト



NEXT Entry
2017.08.26 長走川 黒森沢
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.13-14 谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ