2017. 08. 16  
夏合宿はリーダー会員M氏をメンバーに確保して赤渋沢を遡行した。今年こそは下流部ゴルジュ帯ヒルカルの悪場も遡行したいと思っていたが、雨の予報のためまたも断腸の思いで下流部ゴルジュ帯をカットした。結局、石転び沢からおういんの尾根を経て、孫左衛門沢を下降して飯豊川上流部に降り立って赤渋沢を遡行した。

赤渋沢は大滝を懸けて出合うので、非常にインパクトのある沢だ。ルートは左岸にとれそうだがハング帯をどうクリアできるかが考え処。その上は斜度が落ちているので登れそうだ。
akashibusawa002.jpg

しかし、下部スラブ壁手前のガレルンゼを横切る時にハング帯を越えるのが面倒そうに見えたので、ガレルンゼを登ってハング帯上部のブッシュ帯に取付いてハング帯上部の右壁に取付いた。
akashibusawa003.jpg

最初の滝の上部を登りきると、次の滝の釜の流れ出しを一跨ぎで右岸に渡った。
akashibusawa004.jpg

二つ目の滝の左側スラブ壁を登る。スラブを登った所から滝の側壁に取付けそうなところもあったが、ブッシュ帯の尾根に取付いて巻いた。滝上に続くスラブがあったが途中から草付になっていて下降できるか見極められなかったため、高巻きを続ける。
akashibusawa001.jpg

一旦下降しようとしたものの、奥に見えていた上部が二条になった30M滝の上までブッシュ帯を伝って巻いた。
akashibusawa005.jpg

2M~5Mの滝を4本越えると、ほぼ直瀑の30M滝が立ちはだかる。
akashibusawa006.jpg

右側壁を細かく三つにピッチを切って、空身で登って荷揚げと確保を繰り返す。
akashibusawa007.jpg

さらに30Mほど登ってから滝上に向けて斜めに下降して懸垂で落口の草付下に降り立つ。
akashibusawa008.jpg

わずかに滝二つを越えたところでCS滝に阻まれる。左岸を小さく巻くことを試みたがスタンスが心もとなく、右岸の高巻きとなった。
akashibusawa009.jpg

眼下には2M~5Mの滝がほぼ一定の間隔で懸っているゴルジュが続いている。前方には丸く見える小さな雪渓があって、その先に大きな滝が見えている。
akashibusawa010.jpg

雪渓の辺りで一旦下降しようとしたが、この先に見えている滝が近づくほどに登れそうもないことが分かってくる。
結局登り返して尾根に出て、大滝の上の滝上まで巻くことにした。見えていた大滝は60M、それに続く滝は30Mといったところ。
尾根からトラバース気味に下降を開始して、ブッシュが谷近くまで続いているところを見極めて、1230M左岸枝沢出合の50Mほど上部で沢床に戻った。
akashibusawa011.jpg

2M~5Mの滝を4本越えると小規模ながら険しいゴルジュとなる。ゴルジュが右に曲がった所まで行ったものの、8MCSに阻まれて突破できない。
akashibusawa012.jpg

小滝を下降してゴルジュ入口に戻る。
akashibusawa013.jpg

右岸ルンゼに取付いて30Mくらい登った所から、灌木交じりの笹帯と草付の境目をトラバースしてゴルジュの先の10M滝の上まで巻いた。
akashibusawa014.jpg

両岸の斜度が緩くなり、ようやく普通の沢という感じになってきた。しかし既に17時を回ろうとしているにも関わらず幕場にできそうなところがない。
akashibusawa015.jpg

何とか小ゴルジュに懸る連瀑の左手前の藪を切り開いて整地して、ツェルト一張分の平地を確保した。
akashibusawa016.jpg

小ゴルジュの連瀑は左壁を登って越えた。
akashibusawa017.jpg

上流部には悪場はなく、ナメも見られるようになる。
akashibusawa018.jpg

ボサが被さる草原の窪となり、後に笹のトンネルとなる。窪が笹藪に消えたところから30~40分の藪漕ぎの後登山道に出た。
akashibusawa019.jpg

梅花皮小屋を経て門内小屋に至り、早めの昼食をゆっくりと摂った後、梶川尾根を下降して飯豊山荘先の駐車場に戻った。

赤渋沢は、両隣にある洗濯沢の烏帽子沢や滝谷沢とは全く異質の沢だ。中流部までは両岸ともに絶壁をなしており、標高差以上に滝が懸っているかのような錯覚を覚えた。特に右岸は絶望的に急峻なスラブが尾根まで続いている。
スポンサーサイト
NEXT Entry
2017.08.11-14 楢俣川日崎沢-沢種沢
NEW Topics
少し不思議...(2018.06.17:飯豊前衛・実川八ツ目沢)
相鉄線沿線?いえいえ...(2018.05.26:鶴沼川二俣川左俣)
2018.5.13 一之瀬川竜喰谷
2018.5.19笛吹川東沢鶏冠谷左俣
一見の価値あり、百間滝(2018.05.06:三滝川東多古知谷)
鈴鹿エメラルド(2018.05.05:野洲川元越谷)
祝!初檜枝岐、初山菜(2018.04.14:会津駒ケ岳MS)
2018.4.1丹沢河内川大当沢
2018.3.25 神ノ川矢駄沢
2018.3.11 葛葉川本谷
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
カテゴリ