2017. 08. 02  
もうすぐ夏合宿!
その前に水量の多い沢に行こうと思い、1泊2日で入川大荒川谷を計画しましたが、天気がいまいち。
そこで、日帰りルートに変更して行ってきました。

入川観光釣場から森林軌道跡を経て赤沢谷出合まで歩く。
nDSC04060.jpg

赤沢谷出合から入渓
nDSC04063.jpg

入川本流は、水かさも通常のようで濁りもなく、平穏な様子。
nDSC04069.jpg

多少深いところがありますが浸かったり、へつったり。
中小屋沢出合まではウォーミングアップのような感じです。
nDSC04071.jpg

nDSC04074.jpg

nDSC04077.jpg

nDSC04084.jpg

1時間ほどで中小屋沢出合に着きました。
きれいな滝が懸かっています。
nDSC04089.jpg
ここから中小屋沢orヒダナ沢を遡行する案もありましたが、このまま金山沢出合を目指します。

間もなくゴルジュとなり、左壁沿いに泳いで突破すべく、気合を入れて突入~
nDSC04090.jpg
でも実は水中に足場があり、楽に通過できました。

続く淵は、水中に沈む倒木目指して泳ぎますが、流れに負けてしまうので、同行のI氏に交替。
nDSC04092.jpg

nDSC04096.jpg

ゴルジュを抜けると穏やかになり、ナメもあります。
nDSC04102.jpg

谷が狭まり、滝場となります。
もう少し流れが弱ければ右からいくのもありですが、なかなか勢いがあるので左側をへつって回り込み・・・
nDSC04111.jpg
奥の滝は落ち口に向けて引っかかっている倒木に乗って突破しました。
その先は、長くて深い淵の奥に滝が懸かっています。
ここの泳ぎは・・・やめとくか!ということで左岸から巻き、懸垂で沢に戻りました。

このまんじゅう岩を越えると、
nDSC04115.jpg

金山沢が穏やかに流れ込みます。
あれ?水量少ない?ように見えますが・・・
nDSC04117.jpg
金山沢に入ってみると、なぜか暖かい空気が流れているのが不思議でした。
(本流に戻ると涼しい)

出合でお昼を食べて、もう少し進んでみます。
nDSC04121.jpg

早速ゴルジュとなりますが、水線どうしは無理なので右岸を巻き。
nDSC04123.jpg

ゴルジュを見下ろす。3段ぐらい続く。
nDSC04125.jpg

本日最後の滝。
右は落ち口の水勢強く、戻る。左からは楽に越せます。
nDSC04128.jpg

雨脚が強くなってきたので、1080m付近から左岸の登山道へ上がりました。
nDSC04131.jpg

登山道が横切る枝沢は茶色く濁る。
nDSC04135.jpg

帰りの林道から見た入川本流。
あっという間にこんな状態に。
nDSC04145.jpg

もうちょっと流れに勝って進めるようになりたい・・・等々課題はいろいろ。
と同時に、増水した沢を肌で感じる山行となりました。


nao


スポンサーサイト
NEXT Entry
2017.08.05 釜無川流川
NEW Topics
少し不思議...(2018.06.17:飯豊前衛・実川八ツ目沢)
相鉄線沿線?いえいえ...(2018.05.26:鶴沼川二俣川左俣)
2018.5.13 一之瀬川竜喰谷
2018.5.19笛吹川東沢鶏冠谷左俣
一見の価値あり、百間滝(2018.05.06:三滝川東多古知谷)
鈴鹿エメラルド(2018.05.05:野洲川元越谷)
祝!初檜枝岐、初山菜(2018.04.14:会津駒ケ岳MS)
2018.4.1丹沢河内川大当沢
2018.3.25 神ノ川矢駄沢
2018.3.11 葛葉川本谷
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
カテゴリ