2017. 07. 23  
F薪です。

7月23日は、仕事の都合で泊まり山行が難しいKMDさんと、早朝発日帰りできる沢として、サントリー白州工場の裏、神宮川(濁川)支流のヤチキ沢を遡行して来た。
予報では曇ということだったが、結局ポツポツと一日雨に降られてしまい、青空と花崗岩の爽快な遡行はお預けとなった。

下山の尾根下降も考え、最終ゲート手前の路肩に車を停めて、ヤチキ沢を目ざす。出合は、水量も極少に見えて貧相である。
が、10分も遡ると滝が続くようになる。
写真のような緩やかな傾斜のナメ滝は、この後随所に見られた。
201723_Jingu-kawa_01.jpg

こんな感じのノッペリした滝も登場。(左のブッシュ沿いにスタンスがあり、比較的容易に登ることができた。)
201723_Jingu-kawa_02.jpg

最初に現れた大き目の滝。右下から取り付き、水流をまたいで左へ斜上する。念のため、後続にはザイル使用。
水流を跨ぐ際に、少々シャワーを浴びる。
201723_Jingu-kawa_03.jpg

最後の大きな滝は登れないので、左岸を巻くが、この上にもさらに滝が続いていた。一旦降りてしまい、また高巻くことになると面倒なので、まとめて巻いてしまった。
201723_Jingu-kawa_04.jpg

最後の滝場を過ぎてしばらく登ると、沢形がいくつにも分岐して源頭となる。
一番水量の多い(といってもチョロチョロだが...)枝沢に入るとしばらくで、水が岩の間からコンコンと湧いていた。
201723_Jingu-kawa_05.jpg
湧き水は、正真正銘の南アルプス天然水である。下山が尾根下降なので、ここで水を補給した。

さて、湧き水から10分ほど急傾斜の斜面を登ると、何やら踏み跡が横切っている。それを左へと追うと、日向山の北東尾根へ導かれた。
201723_Jingu-kawa_06.jpg
下降は、時に登山道のように立派になる山道を使って下山した。
日向山の北東尾根は、今回採ったコース以外にもいくつかのバリエーションが考えられる。日程が中途半端な時など、計画を立てて探ってみたいエリアである。
スポンサーサイト
NEXT Entry
2017.7.22 長走川深沢 綱木俣沢途中退却~田代沢
NEW Topics
2018.1.28 スダレ山
2018.1.27 二岐山
2018.1.21上州武尊山
2018.1.14湯河原新崎川左俣
2018.1.7 黒姫山
2018.1.6 御巣鷹山(小黒姫)
2017.12.29-30 八ヶ岳 東天狗岳
2017.11.25塩原鹿股川桜沢
加入道Night!!(2017.11.18-19:丹沢・加入道避難小屋)
2017.11.12_レスキュー秋
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
検索フォーム
カテゴリ