2017. 06. 18  
今年最初の飯豊の沢は、ほとんど見向きもされていなそうな大アネ沢。大アネ沢遡行後はナダレ沢を下降する予定だったが、稜線の藪漕ぎでコンタクトレンズを片方落としてしまったので、登山道を降ったため、ナダレ沢は次回以降に持ち越しとした。

道路からみた大アネ沢はいい雰囲気に見えたが、実は道路下は護岸された味もそっけもない状態だった。
DSCF6392.jpg

道路から見えていた滝。複雑に岩壁が抉れている。
DSCF6394.jpg

滝を越えると結構両岸が立っていていい雰囲気だが、特にこれといったところはない。
DSCF6398.jpg

両岸が開けてくると、ブッシュが被さるようになってきて藪沢と化してくる。このまま藪に消えるのかとすら思ったが・・・
DSCF6401.jpg

煩いブッシュが後退してもなお平凡な流れが続いていたが、突然20Mの大滝が姿を現した。
しかし手がかりが少ないため、左岸を巻いた。滝上からはスノーブロックが点在するようになる。
DSCF6418.jpg

やがて沢は雪渓に埋もれる。このまま雪渓歩きで稜線まで・・・と思ったが、そうはいかず・・・
DSCF6426.jpg

源頭は完全に雪に埋もれていると思ったが、さにあらず。末端が訪れ、大きく口を開けてかなり悪い状態だった。
DSCF6430.jpg

雪渓が終わると三方ともブッシュ混じりのスラブが稜線まで続いている。
稜線に詰め上がって、藪尾根を南下している最中に右目のコンタクトがブッシュにこすれて落ちてしまう。
ナダレ沢下降をやめて、大境山登山道を降ることにした。
DSCF6431.jpg

源頭のスラブや登山道脇にヒメサユリが咲いていた。
DSCF6434.jpg

大アネ沢は道路から見えていたほど雰囲気のいい沢ではなかったし、全体に冗長な部分や藪が多い印象の沢だった。
が、これも飯豊の一端。今年もこれから飯豊の沢に通う。

ちなみに、翌日は五頭の沢を訪れた。五頭の沢へは初めて。
なかなか楽しい沢だったが、水があまり綺麗じゃなかったなぁ。
スポンサーサイト
NEXT Entry
2017.06.18 大荒川スグノ沢
NEW Topics
加入道Night!!(2017.11.18-19:丹沢・加入道避難小屋)
2017.11.12_レスキュー秋
焚き火は大成功!!(2017.11.03-04:足尾・松木川丸石沢~仁田元沢下降)
2017.10.28 内川 岩魚沢
終わりよければ...(2017.10.28:谷川・湯檜曽川湯ノ沢)
2017.10.21秋の集中A班 苗場檜俣川赤ノ沢西赤沢
2017.10.21 秋の集中 B班 檜俣川悪沢
2017.10.14_貝沢川
2017.10.07-09奥鬼怒湯沢
2017.10.08-09_大石川イヅグチ沢etc
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
カテゴリ