FC2ブログ
2017. 06. 13  
春の集中、B班です。
B班は、入深沢~出戸深沢左俣左沢~出戸深沢左俣右沢~集中場所~出戸深沢のルートです。

1日目
小滝川沿いの林道に車を停めて、山菜を採りながら入深沢と出戸深沢の出合に続く踏跡へ。
B1.jpg

10分弱で出合に到着。予想はしていたものの水量が少ないです。
B2.jpg

一応、ちょっとしたミニ小滝もありました。
B3.jpg

夕食のおかずを物色しながら、のんびり遡行。
930m付近の左岸枝沢からテン場へショートカットする誘惑にも打ち勝ち、計画通り1,165mピーク西のコルに出る。
思いのほか藪は薄く(とはいえ藪のなか先頭は怖い)、すんなりと出戸深沢左俣左沢へ降りる。

一旦止んだ雨がまた降り始めるなか、黙々と下降。一応、ナメもありました。
B4.jpg

山菜の本を見ながら熱心におかずを探したり。
B5.jpg

14時過ぎに奥の二俣(950m付近)に到着。ここをテン場としました。
B6.jpg

夕食のおかずは、天ぷら・おひたし・油炒めなど。おかずは少なかったものの、ご飯がめっちゃ上手に炊けて!(NOおこげ)、
「明日のお昼の分まであるねー」と4.5合も炊いたご飯は、3人で半分食べちゃいました。(山で太るパターン・・・)
焚き火を囲みながら、C班の攻めのルート、A班がどうしているかなど他愛無い話で盛り上がった夜でした。

2日目
快晴。
寝起きのHさんに火吹き棒で、火を熾してもらいました。(無茶振りすみません)
集中場所までは、標高差で約300m。
下りでもテン場を通過することから泊まり装備はデポ、2時間あれば問題ないだろうと判断し、9時少し前に出発。

右沢は、ナメがあり、まあまあ楽しめました。
B7.jpg

何より快晴+緑+沢が気持ちいい。
B8.jpg

1,050m手前で少し急になります。
B9.jpg

1,150m付近で、10時少し前となり、他班との交信に備えました。
「あと1時間あれば問題ないでしょ」「もう着いている班いるかもね?」などなど話していると無線が繋がりました。
聞こえてきたのは、めっちゃクリアな代表の声。
お、これはA班は集中場所に着いている?と思いきや、「C班もいます。Mさん(D班)とも会いました」と・・・。

つまり、みんながB班を待っている?!

3人で顔を見合わせて苦笑。それも束の間、20分で100mを駆け上がり無事集中を果たしました。(そのプレッシャーと来たら)

お風呂で二回目の集中することを約束し、来た道を戻ります。
奥の二俣で荷物を回収し、朝作っていたプリンを食べて出発。
出戸深沢の奥の二俣より下部が今回一番綺麗なエリアでした。

ナメが続き、
B10.jpg

滝らしい滝もあり、思いのほか飽きることはなかったです。
B11.jpg

B12.jpg

右岸にあるはずの道はよくわからないまま入深沢との出合に到着。
出発地点に戻ってきました。ここから駐車地点はすぐ。
13時過ぎに車に戻り、温泉で二度目の集中を果たし、解散となりました。

by K田










スポンサーサイト



NEXT Entry
遡ってみました(2017.06.17:足尾・仁田元沢~石塔尾根)
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.13-14 谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ