FC2ブログ
2017. 05. 28  
今年の沢初めとして、近年沢初めのルートとして定着してきた感のある那須・男鹿山塊の沢へ行ってきた。
今回は木ノ俣川西俣沢左俣の計画をしたときから地形に興味を惹かれていた大巻川がターゲットだ。

大巻川橋の近くのスペースに車を停めて入渓に向かうが、橋からはすぐ先に堰堤が見えており、両岸急峻な地形なので、大巻川の名の通りに大きく右岸を巻いて堰堤上で入渓した。
DSCF6279.jpg

しばらく平凡な渓相が続く。両岸とも深く浸食されており壁の上の樹木に光を遮られて薄暗い印象だ。
小雨も降り続いていて尚暗かった。
DSCF6281.jpg

小滝が出てきたと思ったらすぐに堰堤が・・・。簡単に左岸から越えると、堰堤上は谷が浅くなって明るくなる。
DSCF6286.jpg

950Mあたりから斜度が増してきて、小滝や斜瀑が懸って楽しくなってくる。
DSCF6294.jpg

8MCSは登れないが、右側の大岩を挟んで抜け道が・・・
DSCF6296.jpg

とは言っても、細流の5M滝が懸っていて右壁を直登して越えなければならない。
DSCF6299.jpg

さらに10M滝。左岸を巻いていくと上部にはトラロープが・・・常連の釣師が入っているらしい。
DSCF6301.jpg

1100M辺りからはナメが出てきたりして、さらに渓相が変化してくる。
この6M滝は遠目には登れないかも・・・だったが・・・
DSCF6306.jpg

近くで見てみると右壁に簡単なルートがあった。
DSCF6307.jpg

さらに水流を二分する8M滝は、右から取付いて中段で左に渡って落ち口へ抜けた。
DSCF6309.jpg

8M滝を越えて、右に(1:5)で本流とも思える水量の多い沢を分けると、雪渓が谷を埋めるようになる。
雪渓の先に懸る10MくらいのCSは、CS部分が完全にハングしていて無理。
手前で右岸の泥付に取付いて巻いた。
DSCF6312.jpg

さらに30Mに渡る連瀑を右岸から巻くと、またも雪渓が谷を埋める。
末端に15Mくらいの連瀑が懸っていたが、水流を嫌って右壁のチムニーを登った。
この後もう一本簡単なチムニー状を登ると水流に合流する。
DSCF6319.jpg

チムニーを越えた辺りで傾斜が緩くなり、次第に登ってるのか降ってるのか分からないくらい平坦になる。
DSCF6326.jpg

黒滝山から西村山へ向かうピンクテープの藪道が交差する地点で谷を離れて、藪道を辿って西村山へ向かう。
西村山山頂から北斜面を下降して西俣沢右俣に入渓した。
まもなくするとびっしりと雪渓に埋まっていた。
DSCF6331.jpg

雪渓が途切れた1310M付近になんとか横になれそうなところを見つけて、丹念に整地して幕場にした。
近くにコゴミが群生していたので、夕食のために少々採取した。
DSCF6333.jpg

幕場直下は3M滝、20×30の連瀑となっていた。
DSCF6337.jpg

1030M付近で左岸から支流を併せると8M、12Mの滝が懸っている。
左岸を巻いていくと、途中からトラロープが張ってあった。ここにも釣師が入っているようだ。
DSCF6344.jpg

970M付近にも6M、8Mの滝が懸る。見下ろしたときは下段の下降が難しそうだったので、左岸を大きめに巻いたが、下から見てみると大巻きする必要はないことが分かった。
DSCF6348.jpg

一層開けて平凡になった沢を下降していくと二俣に着く。
ここからわずかに降ると取水堰があって、左岸に道がついている。
DSCF6349.jpg

取水堰の点検路を辿って林道を目指す。
DSCF6351.jpg

林道に出て大巻川橋へ向かう途中、ヤマウコギの木を見つけ若芽を採取した。
明日の朝食はウコギ飯で決まりだな。
DSCF6354.jpg
スポンサーサイト



NEXT Entry
2017.06.02-03 釜ノ沢東俣カラ沢
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.13-14 谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ