2017. 05. 22  
当初は休暇を取って二泊三日で剱岳周辺を滑るつもりでしたが、諸々の事情のため、日曜日に日帰りで西穂高沢を往復しました。

沢渡バスターミナルからシャトルバスで上高地へ。
IMG_2415.jpg

河童橋を渡ります。
IMG_2417.jpg

目指す岳沢は河童橋からもよく見えます。
IMG_2418.jpg

登山道入り口。スキーの時は夏道の歩きがあると結構面倒に感じます。
IMG_2420.jpg

ここは水流れるのか? 河原状のゴーロを横切ります。
IMG_2422.jpg

さらに藪を横切ると西穂高沢出合です。
IMG_2423.jpg

アプローチシューズをここにデポします。
念のためブーツにアイゼンを装着して登ります。
シールは使わないので、アプローチシューズとともにここにデポしました。
IMG_2424.jpg

2400M、盆栽のようにも見える尾根の末端付近で一服しました。
IMG_2425.jpg

岳沢ヒュッテを探してみました。結構目立たないんですね。
IMG_2430.jpg

沢を詰めた後、西穂高岳山頂まで往復しました。
尾根道はアプローチシューズがあった方が良かったようです。
IMG_2439.jpg

南西に伸びる尾根を見下ろすと西穂山荘が見えます。
IMG_2440.jpg

剱岳、飛騨沢方面。
IMG_2442.jpg

これが結構いました。雷鳥は見ませんでした。
IMG_2445.jpg

コルに戻って西穂高沢を滑ってきました。
沢は全体に縦の起伏が大きく、湿雪が流れた跡がU字状の溝になっていて、快適とは程遠い状態です。
石もあちこちに隠れていて、何度かガリッといってしまいました。
IMG_2446.jpg

登山道に戻ってパッキングしなおして、上高地に戻りました。
河童橋からバスターミナルの区間は大混雑でした。
IMG_2449.jpg

今回は少し物足りないスキー山行になりましたが、これで2016-2017年のスキーはお終いにします。
スポンサーサイト
NEXT Entry
キレイでした。コレイ沢(2017.05.27:滝川古礼沢)
NEW Topics
少し不思議...(2018.06.17:飯豊前衛・実川八ツ目沢)
相鉄線沿線?いえいえ...(2018.05.26:鶴沼川二俣川左俣)
2018.5.13 一之瀬川竜喰谷
2018.5.19笛吹川東沢鶏冠谷左俣
一見の価値あり、百間滝(2018.05.06:三滝川東多古知谷)
鈴鹿エメラルド(2018.05.05:野洲川元越谷)
祝!初檜枝岐、初山菜(2018.04.14:会津駒ケ岳MS)
2018.4.1丹沢河内川大当沢
2018.3.25 神ノ川矢駄沢
2018.3.11 葛葉川本谷
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
カテゴリ