2017. 05. 11  
GW後半は南紀、黒蔵谷の支流、出谷へ行ってきました。
出谷の二俣付近で泊まり、荷物をデポ、翌日右俣から左俣へぐるっと1周して荷物を回収、往路を戻る計画です。
多くの人が前を通り過ぎていく出谷は、地形図に現れない標高差に大滝が懸かり、やっぱり南紀って面白いなと思わせる沢でした。

5日(晴れ)
今回は泳ぎがあるので体調を万全にせねば・・・と、前日に集合場所の新宮に到着。宿に泊まって十分睡眠をとる。
名古屋からの特急ワイドビュー南紀はディーゼルのエンジン音を響かせて走る。のんびりと車窓からの風景を眺めながら、久しぶりに一人旅に出たような気分を味わえた。

6日(曇りのち雨)
朝9時、他のメンバーと新宮駅前で集合し、レンタカーで入渓点へ向かう。
今日の天気は下り坂。午後から雨の予報なのが気がかりだが、予定通り出発。
DDSC02594.jpg

黒蔵谷は穏やかに始まる。
DDSC02599.jpg

少し歩くと鮎返し滝。
右側へ回り込んで写真を撮ったりした後、釜を泳いで取りつき・・・はせずに右岸から巻く。
DDSC02604.jpg

斜面を登っていくと山道に出た。岩屋があるね、なんて言って尾根を乗越したら、岩屋じゃなくてトンネルでつながってた!
DDSC02611.jpg

沢に戻ると、いよいよ下ノ廊下へ突入。最初の泳ぎはザックピストンで。
水はそれほど冷たくない。泳げる温度でよかった。さすが紀伊半島。
先週の奥多摩の水のほうが冷たかった・・・。
DDSC02619.jpg

濡れた岩が滑りそうな(実際滑る)嫌なへつりも交えつつ、胸まで浸かったりしながら進んでいく。
DDSC02624.jpg

DDSC02630.jpg

DDSC02650.jpg

DDSC02658.jpg

もう2回ほど泳ぎを交え、下ノ廊下を抜けると、右から出谷が流れ込む。
穏やかでゆったりとした出合だ。
本流はこの先が中ノ廊下、この谷の核心だ。
DDSC02670.jpg
この頃から雨が降り出す。すでに全身濡れているから関係ないけど・・・

出谷に入ると、いきなり10m位の滝が懸かる。
意外と登れる滝でした。
DDSC02680.jpg

手前の水たまりにはアカハライモリさんがたくさん♡
DDSC02772.jpg

もう1つ滝が続く。
DDSC02687.jpg

沢は穏やかに・・・
DDSC02689.jpg

と思いきや・・・滝が現れる。いやはや。
DDSC02695.jpg

大滝登場。
DDSC02697.jpg
滝場が終わると、水量が減り、スギの植林地帯を流れる平凡な沢と化す。
もう、この雰囲気のまま終わるのかな、と思うがそうではなかった。(→7日へつづく!)

二俣手前にちょうど良いテンバがあり、タープを張る。15:30着。
DDSC02712.jpg
集めた薪は濡れていたが、秘密兵器を駆使して火をつけ、焚火もできた。スギの丸太をくべるとふんわり良い香りがした。
夕食はおつまみ数品とシソと梅干しの混ぜごはん、キムチ鍋。おいしかったです。

日が暮れても、雨はなかなか止まず、服が乾かない。先輩方はタープの下に引っ込んでシュラフに入ってしまったが、
焚火の前で粘っていると、ようやく雨が止む。服を8割位乾かして就寝。


7日(うす曇りのち晴れ)
朝のテンバ。6:30出発。
DDSC02713.jpg

右俣へ入る。入口は平凡だ。
DDSC02714.jpg

やがて連瀑帯となる。
この上にもさらに何段か続いている。
DDSC02719.jpg

DDSC02731.jpg

再び、滝場となる。
DDSC02739.jpg

510m付近で左に入り、尾根を乗越して左俣へ降りていく。
最初は急だが、下降向きの沢だ。
DDSC02758.jpg
9:05、テンバに戻り、荷物を回収。来た道を戻る。

出谷の最初の滝を懸垂下降。
DDSC02770.jpg

本流を下降する。
DDSC02775.jpg

DDSC02776.jpg

緊張のトラバース。逆コースは難しかった。
DDSC02778.jpg

帰りはラッコ泳ぎで、流れに流されて楽に下るはずが流れがなさすぎて進まない。
結局、交代でロープを引いて泳ぎ、後続はザックピストンにした。
DDSC02780.jpg

昨日より天気は良いが水は冷たい。
太陽の日差しが欲しいところ。
DDSC02785.jpg

DDSC02790.jpg

鮎返し滝の手前で山道に上がる。
ようやく日差しが強くなってきた。
DDSC02794.jpg

13:55、車に戻る。
DSDC02798.jpg
渡瀬温泉の大露天風呂に立ち寄り、17:30のワイドビュー南紀に乗り込む。
新宮駅前にはコンビニができて便利になっていた。


お疲れ様でした!!
来年もまた紀伊半島へ来ましょう!

nao
スポンサーサイト
NEXT Entry
2017.05.21 西穂高沢
NEW Topics
2017.10.14_貝沢川
2017.10.08-09_大石川イヅグチ沢etc
2017.10.07-09 長走川 小面沢~雨乞沢・与兵ェ沢~上鱒沢
2017.09.30-10.01朝日北部前衛 梵字川小沢遡行~大越川ネズックラ沢下降
2017.09.30-10.01 長走川 深沢綱木俣沢~オウトウ沢
2017.9.24 四十八滝沢
2017.09.20-24 長走川周遊(大滝沢~白滝沢~赤抜ゲ沢~杉ノ沢)
2017.09.15-17 白蓬沢右俣~引上ゲ沢~白滝沢~柳小屋沢~大倉沢(左岸尾根)
2017.09.16 南カドナミ沢
2017.09.09-10 苗場釜川右俣
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カテゴリ