2017. 05. 08  
今日は大雪渓をピストンした。
当初は大雪渓を登り切った後に祖母谷に降りてテント泊。そこから蓮華温泉を目指す予定だったが、6日の天気が悪いとのことなので、大雪渓日帰りと蓮華温泉一泊のプランに分断した。

駐車場でビーコンチェックを済ませて、猿倉荘に立ち寄ってスタート。
IMG_2331.jpg

猿倉荘から林道までの登りに案外手こずっていた。確かに経験が浅いメンバーにはちょっと傾斜がきついかもしれない。
IMG_2332.jpg

長走川も追上沢も埋まっていて、馬尻には楽々到着。
IMG_2335.jpg

大雪渓は単調に登り続けるが、葱平に向けて次第に斜度が急になってくる。
しかし、全体に適度に緩んだザラメでシールの効きは良好だったので、シールだけで労せずに登り切った。
(経験の浅いメンバーは四苦八苦の様子だったが)
IMG_2336.jpg

右岸も左岸も絶えず湿雪が沢のように流れ落ちていた。
IMG_2340.jpg

ハイマツ帯には雷鳥の親子がハイマツをついばんでいた。
IMG_2352.jpg

稜線に到着。荷物をデポして白馬山荘へ、さらにスキーをデポして山頂を目指した。
IMG_2359.jpg

一名は途中でリタイアしたが、山頂到着。この頃を見計らったかのようにガスに包まれてしまった。
IMG_2363.jpg

重い雪と急な斜度に四苦八苦で降りてくる。
IMG_2364.jpg

この後ここも湿雪の沢と化してしまった。
IMG_2366.jpg

猿倉に戻ってリタイアしたメンバーと合流した。この辺は晴れているが山頂付近にはガスが残っていた。
IMG_2370.jpg

この後、白馬の町中で風呂と夕食をしたが、どちらも激混みで落ち着かなかった。
GWの行楽地だから仕方ない。
スポンサーサイト
NEXT Entry
2017.05.06-07 栂池自然園~蓮華温泉~栂池自然園~金山沢
NEW Topics
少し不思議...(2018.06.17:飯豊前衛・実川八ツ目沢)
相鉄線沿線?いえいえ...(2018.05.26:鶴沼川二俣川左俣)
2018.5.13 一之瀬川竜喰谷
2018.5.19笛吹川東沢鶏冠谷左俣
一見の価値あり、百間滝(2018.05.06:三滝川東多古知谷)
鈴鹿エメラルド(2018.05.05:野洲川元越谷)
祝!初檜枝岐、初山菜(2018.04.14:会津駒ケ岳MS)
2018.4.1丹沢河内川大当沢
2018.3.25 神ノ川矢駄沢
2018.3.11 葛葉川本谷
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
カテゴリ