2017. 05. 01  
GW前半の4月29日~30日は、奥多摩の小雲取谷に行ってきました。私にとって今シーズン最初の泊まりの沢でした。
東日原から林道を歩き、大雲取谷を遡行、小雲取谷手前で一泊、翌日小雲取谷を遡行する計画です。

奥多摩は登山者でいっぱい。電車はえらいことになってました。満員電車か?ってくらい。
バス乗り場でTさんと待ち合わせ、東日原まで行きます。
途中の川乗橋は、これまたすごい人人人・・・でした。30人くらいいたような。

東日原からまずは2時間の林道歩きスタート。車があれば途中の八丁橋まで行くことができ、林道歩きは半分になるが、
車がないT&Kコンビは、ひたすら・黙々と歩きます。新緑と綺麗な花に癒されます。
kogu1.jpg

やっとこさ林道歩きも終わり。身支度を整えて、沢に下りていきます。
kogu2.jpg

15分弱で吊り橋です。橋のわきから大雲取谷に入渓。
kogu3.jpg

けっこう水量があります。
kogu4.jpg

kogu5.jpg

腰まで浸かる箇所も。
まだ水が冷たい季節なんで、何とも言えない声(悲鳴?)が出ます。沢屋って、物好きですよねぇ。
kogu6.jpg

小魚留ノ滝が見えてきました。ここは左岸から巻きます。なかなか緊張する巻きでした。に、荷物が重い・・・。
kogu7.jpg

崩壊地。伏流になり、大きな岩がごろごろ。まるで小人になったような気分が味わえます。
kogu8.jpg

こんな穏やかな箇所も。
kogu9.jpg

倒木が挟まった滝は、ザックが引っかかってしまうので空身で。
kogu10.jpg

kogu11.jpg

5m滝は登れないので右から巻いて懸垂で。このテラス、幅が少ししかなくて、懸垂のセッティングで手が震えました・・・。
kogu12.jpg

水量が多く、登れる滝でもどこから取り付くか考えさせられる場面が多かったです。
kogu13.jpg

co1,100を過ぎるとだいぶ緩やかになり、テン場を探しながら遡行します。
kogu14.jpg

17時過ぎに初日の遡行は終了。女2人の夜は更けていきました。
DDSC02482.jpg
(予報が出ていたにわか雨や雷雨もなく、薪にすぐ火がつき!寝床は砂地で、なかなか快適なテンバでしたね。by T)


2日目も快晴。6時までぐっすり寝て、前日食べ切れなかったうどんを食べて8時に出発。
テン場から1時間ほどで小雲取谷との出合。小雲取谷は、苔むした綺麗な沢でした。
kogu15.jpg

kogu16.jpg

kogu17.jpg

DDSC02529.jpg

7m滝は右から巻きます。上部にトラロープがあるものの、そこまで行くのがちょっと悪かったです。
kogu18.jpg

ハナネコノメ
DDSC02539.jpg
あと、写真は撮れませんでしたが、ミソサザイがいましたね!

DDSC02567.jpg

ぐんぐん標高をあげていきます。
kogu19.jpg

co1,550付近で左に入り、適当なところで尾根に上がって富田新道に出ました。
DDSC02586.jpg

富田新道、最初はめちゃ快適でしたが、最後は急だし落ち葉で滑るしで疲れました。2時間掛けて吊り橋に到着。
そこから気合で林道を2時間歩き、東日原に着いたのは18時半でした。
DDSC02592.jpg



天気にも恵まれ(やっぱり晴れ女だ)、充実した山行となりました。翌日は、身体が痛かったです・・・。
by K田





スポンサーサイト
NEXT Entry
2017.04.30 朝日連峰前衛 赤見堂岳
NEW Topics
2018.1.28 スダレ山
2018.1.27 二岐山
2018.1.21上州武尊山
2018.1.14湯河原新崎川左俣
2018.1.7 黒姫山
2018.1.6 御巣鷹山(小黒姫)
2017.12.29-30 八ヶ岳 東天狗岳
2017.11.25塩原鹿股川桜沢
加入道Night!!(2017.11.18-19:丹沢・加入道避難小屋)
2017.11.12_レスキュー秋
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
検索フォーム
カテゴリ