FC2ブログ
2017. 05. 03  
前日の赤見堂岳に続き、5/1の天気が回復して来たので、サブ計画の月山第一トンネル〜鍋森〜離森山〜三足一分山往復 1泊2日の計画を採用。


初日は鍋森方面へ15時頃まで登って雪洞設営の計画。月山第一トンネルの鶴岡方面出口の駐車場に停め10時過ぎに出発する。若干天気が不安定で雲の流れが早い。


今年は雪が多いので一旦沢に降りて旧国道歩きをパスするルートを採用する。


いくつか雪に埋まった沢を越えて急な尾根に取り付く。藪は全く出ていない。

標高差250m弱を大汗をかき登っていくと反射電波塔が見えてくる。



950m弱の稜線に出ると雪がべったり付いている。



標高1050m程度のなだらかな雪原を行く。



所々ピンクテープがあるのでそれを目印に行く。


1100mの所で雪庇の張り出した尾根の左方向に行く。



1162mの北沢山の手前で雪洞堀を開始する。


雪が硬くなっていて、中々掘り進めない。



2方向から掘り始める。



3時間以上、3人で掘り続けやっと完成する。


下半身が濡れてしまったので、ちと寒いが居心地は最高。


棚にロウソクを立てて、宴会タイムとなり、静かな夜は更けて行った。


翌朝、雪洞前から顔を出すと雲の流れが美しい。



日帰りの荷物に積み替えて、鍋森に向けて出発する。


北沢山はトラバース気味に登りパスする。



鍋森が見えて来た。上部は藪が出ているので、下部を巻いてしまう。その先はだだっ広い雪原になっている。


遠くは鳥海山が見える。近くは月山、向かいには大朝日の主稜線がバッチリ見える。


真っ白な離森山は帰りに登る事にする。


右手のピークを回り込んで行く。


まだまだだだっ広い雪原が出てくる。






所々雪庇が出ている。


三足一分山にやっと着く。月山が間近に見える。


名残り惜しいが三足一分山を後にする。


復路はだらだら登りとなるが、疲れが出て来て少々辛い。


離森山へ登って行く。


山頂からは360度の朝日連峰展望台だ。大朝日岳方面を見る。遠くは日本海に浮かぶ佐渡島や粟島が臨める。


雪洞までひらすら急ぐ。



鷹が上昇気流に乗って見るみるみる高度を稼ぎかっこいい。


雪道で泊まりの荷物をパッキングして来た道を引き返すが下り主体なのでそこそこペースが出る。



登って来た尾根を探して左に下って行く。



駐車場まで一汗かいて駐車場に辿り着く。



西川道の駅の水沢温泉で汗を流すが、顔が日焼けで火照って痛い。GW前半の充実した山行を噛みしめ帰路に着く。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2017.4.30-5.3 飯豊連峰北部
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.13-14 谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ