2017. 04. 26  
F薪です。

4月22日土曜日は仕事だったぜ。ということで、翌日曜日に東京近郊で今シーズン初の沢登りをしてきました。
(正確には、1月に西伊豆へ行っていますが、まあその山行はむにゃむにゃ...)
昨年4月にも計画をしたものの、諸般の事情により実施ができなかった計画を再度焼き直して提出、実施の運びとなりました。

早朝に都内を出発し、中央道上野原ICを経由して1時間半ほどで腰掛集落東側にある、駐車スペースに到着。
民家の間を縫うようにして鶴川本流へ下ると、やや上流で大久保沢が出合います。
Tsurukawa0423_01.jpg

大久保沢・菜久保沢を分ける二俣までは少し暗い雰囲気のゴルジュ状で、滝がいくつか懸かります。通過に特段の困難はありませんが、ぬめる箇所もあり注意して登ります。
二俣を過ぎ、右の大久保沢に入ると、沢は開け、小滝が続くようになります。
Tsurukawa0423_02.jpg

倒木が多く、ややすっきり感に欠けますが、苔に覆われた感じは悪くありません。惜しむらくは、もう少し天気がよければきれいなのに...
Tsurukawa0423_03.jpg

小滝地帯を過ぎ、やや単調になってきた先、標高850m付近に大きな滝がありました。
他の記録に全30mとある滝です。見た感じだと全20mくらいでしょうか。全体で3段。下段は4m、中段は5×7m、上段は10mと見えました。写真は、上段の一番大きな滝を真下から撮影したものです。
Tsurukawa0423_04.jpg

大滝の下段は、右からが越えやすそうですがかなり水をかぶりそうなので、左から少し張り出した岩を回り込むように登りました。念のため、後続はザイルで確保。中段は左壁が階段状で問題ありません。上段は敢えて挑戦はせず、おとなしく右岸のルンゼを上がり、途中から落ち口に向けてトラバースして越えました。
大滝の上は、しばらく小滝が続きいい雰囲気でしたが...
Tsurukawa0423_05.jpg

5分もしないうちに水がどんどん少なくなり、標高930m付近の変則的な三俣になります。下降は、菜久保沢の予定なので一番左の沢に入ります。
Tsurukawa0423_06.jpg

水の無くなった沢をどんどんと高度を上げますが、だんだんと倒木と岩交じりの斜面を上がるのが面倒になってきたため、標高1050mを過ぎた辺りで、左の尾根へ上がってしまうことにしました。標高差100mほどをヒーコラしながら、菜久保沢との中間尾根へたどり着きました。そこで、一旦昼食休憩として、菜久保沢へと下ります。
菜久保沢は、標高780mの二俣まで、水流一切無し!の大丈夫か?な沢でした。二俣は大規模なワサビ田の跡地となっており、そこからも断続的にワサビ田の跡が続きます。滝っぽいところは2ヶ所くらいか、単調ではありますが、ある意味下降路向きとも言える溪相です。
Tsurukawa0423_07.jpg

そんな菜久保沢をずんずんと下り、大久保沢を合わせてからのゴルジュもすんなり...とおもったところ最後の滝がやや難ありでした。登りでは左岸の岩場を登っていますが、下りでは右岸の方が下りやすそうと草を掴んで下り始めようとしたところ...その草は大変鋭利な葉っぱを持っていて、すっぱりと指に切れ目が...このまま下ると下に着くまでに手が血まみれになりそうなので、懸垂下降することにしました。うーん本当の"ナイフ・エッジ"に下降を阻まれた...

さてさて、最後に核心がありましたが、シーズン初めとしてはなかなかいい山行ができたのではないかと思います。
午後の光に包まれた腰掛集落は花盛りの桃源郷のような風景が広がっていました。
Tsurukawa0423_08.jpg

しゃくなげもきれいに咲いていました。
Tsurukawa0423_09.jpg
スポンサーサイト
NEXT Entry
2017.04.29-30 日原川小雲取谷
NEW Topics
2017.10.14_貝沢川
2017.10.08-09_大石川イヅグチ沢etc
2017.10.07-09 長走川 小面沢~雨乞沢・与兵ェ沢~上鱒沢
2017.09.30-10.01朝日北部前衛 梵字川小沢遡行~大越川ネズックラ沢下降
2017.09.30-10.01 長走川 深沢綱木俣沢~オウトウ沢
2017.9.24 四十八滝沢
2017.09.20-24 長走川周遊(大滝沢~白滝沢~赤抜ゲ沢~杉ノ沢)
2017.09.15-17 白蓬沢右俣~引上ゲ沢~白滝沢~柳小屋沢~大倉沢(左岸尾根)
2017.09.16 南カドナミ沢
2017.09.09-10 苗場釜川右俣
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カテゴリ