2017. 04. 24  
今週は後立山のクラシックルートを2本繋げて辿ってきた。
初日は山ノ神尾根ルートを登り、二日目は北野ルートを下降した。

初日のルートはこちら。
白馬乗鞍スキー場から黒川沢ルートに入って、天狗原の手前まで登る。当初の予定では、風吹大池まで脚を伸ばすことになっていたが、いろいろあってタイムアップ。唐松沢源頭へ下降してビバーク。
風吹大池ルート1

出発前にいきなりアクシデント。長野から白馬へ向かう途中でR19が交通事故で全面通行止めになり、引き返して長野自動車道で安曇野IC経由で小谷の道の駅に本来の到着見込み時刻より1時間半遅れで到着。
さらに、道の駅に車1台をデポして白馬乗鞍スキー場へ向かうが、デポした車に忘れ物があって、取りに戻ってさらに30分ロス。

出発は10時。ガスがかかって視界はいまいちだが、白馬乗鞍スキー場のゲレンデを登行して黒川沢ルートへ向かう。
IMG_2247.jpg

ジャングルジムみたいな堰堤の手前は流れが出ていて渡れなかったので、右岸の細く雪が繋がっているところをトレースして堰堤を巻いた。
IMG_2252.jpg

堰堤を越えると間もなく沢は雪の下に隠れるが、ところどころ割れているところがある。平坦になった所で一服。
IMG_2254.jpg

1550M付近はかなりの急斜面。板を脱いで、4足歩行で登る。
IMG_2257.jpg

1650Mを越えると勾配は緩くなって一安心。次第にガスも晴れてきた。
IMG_2264.jpg

疲れた脚に自ら鞭を打って懸命に登る。
IMG_2270.jpg

山ノ神尾根に乗ったころから栂池スキー場の尾根が良く見えるようになった。
しかし、出発も遅かったが、脚も遅かった。2000M付近まで来た時には16時半を回っていた。
この時点でほぼビバークは確実となった。
谷へ向かって滑るが、もうワン・アクシデントがあって17時を過ぎ、1920M付近で雪洞を掘ることにした。
IMG_2274.jpg

約1時間半のアルバイトで今宵の宿を築き上げた。
ツェルトよりも広くて快適。
IMG_2281.jpg

二日目は、尾根に登り返して北野へ向かって下降した。意図したわけではないが、ほぼ標識を辿るようなルート取りとなった。
風吹大池ルート2

雪洞の中は暖かくてとても静か。熟睡していつの間にか明るくなっていた。
IMG_2282.jpg

雪洞の前にて集合写真。
IMG_2287.jpg

最初は唐松谷を下降する。もっと斜度が欲しい所だが、ハーフパイプ状のそこそこ快適な谷を滑降する。
IMG_2290.jpg

谷が狭まってきたところで雪が割れていたので、少し引き返して左岸を登り返した。
IMG_2294.jpg

フスブリ山を越えると尾根の右側に楽しそうな斜面を発見して、滑降してみる。
IMG_2302.jpg

尾根に戻ると、初級者にも楽しめそうな開けた緩斜面が・・・。荷物を置いて滑ってみる。
板が滑るので斜度の割に楽しい。
IMG_2309.jpg

「期間外は一部開放」をあてにしていた風吹山荘に立ち寄ったが、開放部を見つけることができなかった。
昼食休憩を摂って山荘を後にする。
IMG_2314.jpg

尾根が落ち込む手前でシールを外してスタンバイ。この先は、樹木やギャップが多いので、横滑りを交えて慎重に降った。
IMG_2315.jpg

1627M地点から南東へ伸びる尾根を辿って、急斜面をトラバース気味に北方へ滑る。その後は樹間を縫って中級斜面の滑降を楽しむ。
IMG_2322.jpg

北野の手前で雪が途切れる。この後来馬へ向かう途中、雪が繋がっている箇所もあったが、板の着脱が面倒なので、板を担いで道の駅まで歩いた。
IMG_2326.jpg

道の駅にたどり着いたのは16時45分。白馬乗鞍スキー場へ車を回収しに往復したあと、入浴と食事を済ませて帰路に着いた。
スポンサーサイト
NEXT Entry
まさにナイフ・エッジ...(2017.04.23:鶴川・大久保沢~菜久保沢下降)
NEW Topics
2017.10.14_貝沢川
2017.10.08-09_大石川イヅグチ沢etc
2017.10.07-09 長走川 小面沢~雨乞沢・与兵ェ沢~上鱒沢
2017.09.30-10.01朝日北部前衛 梵字川小沢遡行~大越川ネズックラ沢下降
2017.09.30-10.01 長走川 深沢綱木俣沢~オウトウ沢
2017.9.24 四十八滝沢
2017.09.20-24 長走川周遊(大滝沢~白滝沢~赤抜ゲ沢~杉ノ沢)
2017.09.15-17 白蓬沢右俣~引上ゲ沢~白滝沢~柳小屋沢~大倉沢(左岸尾根)
2017.09.16 南カドナミ沢
2017.09.09-10 苗場釜川右俣
Comment
No title
いろいろあったアクシデントの最後は私が斜面でビンディングの不具合から板がはけずタイムアップというパーティーの足を思いっきり引っ張ったとほほなものでした。転倒の原因もすべて右足が外れるという山スキーではあってはならないことでしたので改善したいと思います。ただこれでいい場所で雪洞ビバーグ、翌日快晴の滑走につながったと前向きにとらえたいと思います。汗をかいた分だけ一本の滑りがありがたく感じました。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カテゴリ