2017. 04. 17  
山頂までスキーで往復した。

当初の予定は沢を登る予定だったが、予想通りこの時期では遅く、水流が出ていて沢沿いの登行は無理。
尾根ルートに変更する。
IMG_2211.jpg

飯豊連峰(前衛)の西側の積雪はこんな感じ。
IMG_2217.jpg

アップダウンはあるが、結構快適。日帰り装備で身軽だからかもしれない。
IMG_2221.jpg

登るにつれて開けた部分が増えてくる。
IMG_2225.jpg

上部は広大な緩斜面が四方に広がり、栂池高原のようでもある。
IMG_2229.jpg

山頂目指して雪原を歩く。
IMG_2235.jpg

山頂。鐘は取り外されていて、残念ながら「鐘の生る丘ゲレンデ」と呼ぶことはできなかった。
沢山の登山者が二王子小屋で昼食を摂っており、下山する頃にも大人数の団体が到着した。
IMG_2236.jpg

沢の源頭を滑るつもりでいたが、天気が下降気味だったのですぐに下山することにした。
山頂から緩斜面を滑り始める。ちょっと斜度が足りない。
IMG_2240.jpg

中間部はブナ林を縫って滑る。
IMG_2242.jpg

登りは4時間下りは1時間、あっけなく今回の山行は終わった。
日帰りで飯豊に行くのは少しもったいない気はするが、偵察も兼ねているのでそれなりに満足した。
スポンサーサイト
NEXT Entry
2017.04.22-23 はくのりスキー場~風吹大池~北野
NEW Topics
少し不思議...(2018.06.17:飯豊前衛・実川八ツ目沢)
相鉄線沿線?いえいえ...(2018.05.26:鶴沼川二俣川左俣)
2018.5.13 一之瀬川竜喰谷
2018.5.19笛吹川東沢鶏冠谷左俣
一見の価値あり、百間滝(2018.05.06:三滝川東多古知谷)
鈴鹿エメラルド(2018.05.05:野洲川元越谷)
祝!初檜枝岐、初山菜(2018.04.14:会津駒ケ岳MS)
2018.4.1丹沢河内川大当沢
2018.3.25 神ノ川矢駄沢
2018.3.11 葛葉川本谷
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
カテゴリ