FC2ブログ
2011. 05. 17  
I谷です。

14日。かの有名な東沢・東のナメ沢へ行く。東沢の各沢を遡行するたびに気になっていた東のナメであったが、ようやく遡行の機会を得てめちゃうれC~

P5140077-s.jpg
最近、出合のブッシュがはげ落ちたらしく大滝の全貌が良く見える。巨大な滑り台だ! ところで、乙女や西のナメがよく凍るのにこの大滝が全く凍らないのは方角のせいだけ??

P5140079-s.jpg
出合からしばらくは傾斜が緩いのでおのおのフリーソロ。フラットソールがスラブに張り付いて最高だ!
ある事情からザイル連結して4Pで大滝を抜ける。残置は思ったより少なくトップは落ちられない。

P5140081-s.jpg
大滝上も明るいスラブの世界が続く。
やがて渓相は大人しくなるものの滝は連続し飽きが来ない。最後は奥秩父らしい針葉樹林と石楠花を詰め鶏冠尾根へ。今年は石楠花の花が豊作だった。
スポンサーサイト



NEXT Entry
唐松谷
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.13-14 谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
Comment
ある事情とは・・・
いや~、笛の音が全く聞こえなくて大チョンボでしたね・・・。

好天に恵まれ、心地よいスラブ登攀を楽しみ、3度目にしてはじめて視界良好な鶏冠尾根下降となり、満足な一日でした。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ