FC2ブログ
2017. 03. 21  
三連休の初日と二日目に吾妻連峰へスキー山行に行ってきた。
ほとんど歩きで、楽しくターンできる斜面はほんの僅か。
適度な斜度の斜面は樹木が密集してターンスペースがなく、緩斜面は雪が重くて進まない。
結局、降りも半分はシールを付けて歩き、あとはプルークでスピードを殺しながら滑るという苦行の山行だった。

福島駅からタクシーで高湯温泉へ。
なぜか駐車場に車がたまっていたので、入れるのはここまでと勘違いしてタクシーを降りてしまった。
ゲートはまだ結構先だ。
IMG_2162.jpg

ゲートを通り抜けてすぐのところにある登山道入口からシール登行開始。
慶応小屋と書かれた薄緑のテープを頼りに道に沿って登った。
IMG_2163.jpg

質の悪い湿雪で、シールに団子状にくっついてしまう。
途中で何度かシールから雪をこそげ落とさなければならなかった。
IMG_2169.jpg

あまり急なところはないが、だらだらと長い登りが続く。
スキーを履いていても10cm以上沈む上に雪が重いので、トレースを付けて歩き続けると結構体力を消耗する。
IMG_2175.jpg

ようやく五色沼を見下ろす小ピークに着く。五色沼東側の稜線は雪が飛ばされていて、一部板を担いで歩いた。
かなり風が強く、進むのに難儀するところも・・・
IMG_2178.jpg

五色沼を見下ろす。
IMG_2179.jpg

一切経山の西側のコルを目指して、この日最後の登り。
コルは強風で雪が飛ばされているので、板を外して歩いて越えた。
風に飛ばされそうになるのを堪えながらコルを越えて、少し下った所で再び板を履く。
IMG_2181.jpg

テント泊の予定だったが、強風を避けて酸ガ平非難小屋に潜り込んだ。
綺麗でしっかりした造りの小屋だ。
気温は高めなので、日が出ている間は小屋の中は暖かくて快適。
IMG_2185.jpg

半分雪に埋もれた酸ガ平非難小屋の外観。
IMG_2187.jpg

酸ガ平から浄土平へ向かう斜面。斜度は緩いが広くて快適なバーンだった。
IMG_2190.jpg

ビジターセンター。
IMG_2195.jpg

磐梯吾妻スカイラインは除雪の最中だった。
IMG_2196.jpg

除雪しかけのスカイラインを歩いて高山を目指す。
IMG_2199.jpg

ブッシュを潜ったり避けたりしながらようやく高山山頂に到着。
IMG_2202.jpg

シールを外して山頂から下降するが、樹木が密でターンスペースがない。南面の尾根状の東側に数ターン分のオープンな斜面があった。暖かいせいで雪は激重だが、ターンできただけ良しとしよう。
IMG_2204.jpg

あとはブッシュの密な緩斜面を滑ったり、シールで歩いたりして林道にたどり着いた。
林道は概ね降りだが、雪が重くて進まずシールを着けて歩いて下降した。
不動湯手前で雪が途切れ、土湯駅まで板を担いで歩いた。
IMG_2205.jpg

土湯駅到着16時半。せっかく温泉に降りてきたにもかかわらず、風呂にも入らず15分後のバスに飛び乗って帰京した。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2017.04.02_レスキュー春
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.13-14 谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ