2017. 01. 09  
3連休は、伊豆に行ってきました。
道の駅「天城越え」を7時過ぎに出発、途中にある「浄蓮の滝」を見学し、今日の脳内BGMは、石川さゆりに決まりです。
仁科峠を通る59号線は見晴しが良く、右手に海、左手に鹿を見ながら、目的地へ到着しました。駐車地点のすぐ下が大滝林道です。
1林道
林道を20分歩き、尾根から沢に下りて行きます。ルートを確認する、YさんとTさん。
2尾根へ
30分で、沢に出ました。遡行開始すると、すぐに右俣が見えてきました。大きな滝がー!!
3大滝
大滝も気になりますが、戻って中ノ沢遡行を続けます。左岸を歩いていくと、右岸の小屋跡に橋が続いており、その手前に洞窟が!金山の跡でしょうか。ヘッドランプのあかりを頼りに、数十メートル進んでみます(ちょっと怖い)
どこまで続いているか気になりますが、時間がいくらあっても足りなくなってしまいそうなので、探検は断念。
4洞窟
洞窟から20分で、最初の滝です。左から巻きます。
5最初の滝
続いてナメ滝。上部は慎重に。
6ナメ
こんな立派な釜を持った6m滝も。ここは、手前を左から。
7巻きの滝
この滝は、上部が厳しいので右から巻きます。
8スラブ滝
その先には、ナメナメ地帯が広がっていました。
9ナメ
この滝は、Tさんリードで、左岸を巻きます。ちょうどいい場所にある木が腐っていて、どこ掴もうか悩みました。。
10高巻
道路が見えてきても、まだまだ滝が続きます。上部も気になりますが、次回のお楽しみにとって置くことにし、林道入口に戻りました。
11最後の滝
スタート地点の大滝林道に戻ったのは、まだ13時過ぎ。行けるところまで行こうと林道を下りますが、やっぱり止めることに。簡単にお昼ご飯を済ませ、駐車地点を目指します。でも、やっぱり沢が気になる・・・。小滝橋のところで、やっぱり林道を行くのではなく、ここ(沢)から駐車地点に戻ろうということに。この選択が正解でした。
こんなナメ滝があったり。
12ナメ
滝が続いていたり。
13連続
上部は厳しいかな?と思いましたが、Tさんのナイス見極めで、登攀。最初の一歩は勇気が必要でしたが。
14登攀
半円の滝もありました。
15半円
そろそろ終わりかなーと思ってたら、最後にすごい滝が!しかも、洞窟のおまけつきです。
16大滝
大滝&洞窟をしばし見学。左岸を少し戻ったところから山道に上がり、本日の遡行は終了となりました。

下山後は、お湯が熱~い土肥温泉で汗を流し、Iさんと再会。ジャンレノ似の旦那さんも交え、楽しい夜となりました。
仁科川遡行は、翌日へ続きます。
スポンサーサイト
NEXT Entry
2017.01.08 仁科川三階滝沢
NEW Topics
少し不思議...(2018.06.17:飯豊前衛・実川八ツ目沢)
相鉄線沿線?いえいえ...(2018.05.26:鶴沼川二俣川左俣)
2018.5.13 一之瀬川竜喰谷
2018.5.19笛吹川東沢鶏冠谷左俣
一見の価値あり、百間滝(2018.05.06:三滝川東多古知谷)
鈴鹿エメラルド(2018.05.05:野洲川元越谷)
祝!初檜枝岐、初山菜(2018.04.14:会津駒ケ岳MS)
2018.4.1丹沢河内川大当沢
2018.3.25 神ノ川矢駄沢
2018.3.11 葛葉川本谷
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
カテゴリ