FC2ブログ
2016. 11. 03  
10月も最終週ともなるとだいぶ冷え込むようになってくる。土曜日の朝は前夜からの雨が残り、日中も日が差さず寒い日になったが、小ぶりな沢を継続して泊りの山行を楽しんだ。

まずは、ダム事務所手前の駐車場から堤体を渡りトンネルを抜けて、西俣川沿いの登山道へ続く道を歩いて黒手沢を目指す。トンネルには大したもん蛇がいるはずだが、祭りの後とあってか留守だった。
滝倉沢に架かる赤い鉄橋を渡ると登山道になり、そこから10分くらいで黒手沢に着く。

黒手沢最初の5M3段の斜瀑を登る。
kurotesawa001.jpg

前半の小ゴルジュ群を抜けると一旦開けた渓相になる。前半ゴルジュ群には、平たい大石で蓋をされた斜瀑というちょっと珍しい滝があった。
kurotesawa002.jpg

やがて両岸草付スラブとなって、このあたりからしばらくゴルジュが続く。
kurotesawa003.jpg

釜をへつったり浸かったり、小滝を登ったり小さく巻いたりしてゴルジュを進む。
kurotesawa004.jpg

8M滝は左岸を小さく巻いた。小リッジ状に取付くとスラブ基部に踏跡があった。
kurotesawa005.jpg

いくつかの滝を越え、3M滝を左壁と草付の境目付近を登ると、張り出した左壁の上に滝の落ち口が見えたので、すかさず右岸にとりつくと案の定大きな滝が懸っていた。落差は12Mくらい。草付をブッシュがあるところまで登って、12M滝に続く2M滝の上までトラバースして、ブッシュ帯を少し下降したところから懸垂20Mで沢身に戻った。
kurotesawa006.jpg

登れそうもない3M滝に阻まれ、時刻も15時となり日没も気にしなければならなくなったため、左岸の小さな枝沢から尾根に一旦エスケープする。出合のCS滝を越えると、しばらくは快適なスラブ登攀となる。このあと水が涸れる直前に水を確保して、尾根に出た。尾根上には道がついており、幕場適地を求めて道を辿ると689Mピーク付近に達した。
kurotesawa007.jpg

開けたところにテントを張って快適に過ごした。来た道を戻って黒手沢に再入渓することにした。本来は黒手沢を詰めたら、小川へ下降して、小川から尾根を乗越して滝倉沢に入る予定だったが、小川はカットして、尾根を辿って今いるピークを通り過ぎて滝倉沢に入ることにした。
kurotesawa008.jpg

黒手沢390M付近に降り立つ。
kurotesawa009.jpg

だいぶ源頭に近づいた雰囲気になるが、まだ小滝が続いており、巻いたり直登したりして越えていく。二俣を右俣へと進むと、連瀑帯となる。最初の5M滝、トップの私は右壁をへつるように斜上して越えたが、立ち木にロープをフィックスして後続には左を登ってもらう。この滝場を越えるともう滝はなく、藪漕ぎなしに尾根道に出た。
kurotesawa010.jpg

快適な尾根道を前夜の幕場目指して南下する。
kurotesawa011.jpg

689Mピークを過ぎてからさらに尾根道を少し下ったところから滝倉沢に向けてブナ林を下降する。
kurotesawa012.jpg

滝倉沢には、本来のルートだった沢を(1:1)で併せた後に、6×10、3×5の滝が続き、ここを巻いたが、それ以外は小滝が二本懸るだけで何もなかった。
kurotesawa013.jpg

枝沢を併せるたびに開けてきて、やがて大きく開けると前方に赤い鉄橋が見えてくる。
kurotesawa015.jpg

橋が近づいてくると左岸に道跡があり、鉄橋の袂に続いていた。
kurotesawa016.jpg

駐車場付近は結構な人出で、着替えるのも憚られたので、そそくさと桂の関温泉ゆーむへ向かった。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2016.11.5 玉川大滝沢
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.13-14 谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ