2016. 10. 10  
F薪です。

10月10日月曜日、Maru山リーダー計画のゼニイレ沢に参加。
谷川の谷は久しぶりだが、無心にスラブを登るのは日常のストレス解消に結構効果的なことがわかり、それは収穫であった。

一ノ倉沢出合付近から臨むゼニイレ沢。見上げるとなかなか急傾斜だ。
2016_109_0a.jpg

出合からしばらくは大き目の岩が転がるゴーロ地帯だったが、40分ほど遡るとようやくスラブが現れる。
2016_109_01.jpg

最初のノッペリしたスラブを越えると、沢幅が狭まり、時おり写真のような小滝も現れる。
2016_109_03.jpg

周囲が開けてくると、第二ののっぺりスラブ帯に差し掛かる。思ったより開放的で、時おり青空も垣間見えて快適であった。
2016_109_04.jpg

アクアステルスの山行リーダーは「選択を誤った~~」といいながら、右岸草付きを登る。(苦しい闘い...)
2016_109_05.jpg

上流部のナメは、米子沢を小さくしたような雰囲気だ。
2016_109_06.jpg

そして、いよいよ本日の核心!突如としてクライマーに変身したMaru山リーダー。
2016_109_07.jpg

詰めのクライミング地帯を過ぎると、笹の密藪に突入。約20分で登山道へ復帰。
2016_109_08.jpg

短いながらも、いろいろな要素が詰め込まれた沢で、思った以上に楽しめた。
スポンサーサイト
NEXT Entry
2016.10.10-11 石川川
NEW Topics
2017.10.14_貝沢川
2017.10.08-09_大石川イヅグチ沢etc
2017.10.07-09 長走川 小面沢~雨乞沢・与兵ェ沢~上鱒沢
2017.09.30-10.01朝日北部前衛 梵字川小沢遡行~大越川ネズックラ沢下降
2017.09.30-10.01 長走川 深沢綱木俣沢~オウトウ沢
2017.9.24 四十八滝沢
2017.09.20-24 長走川周遊(大滝沢~白滝沢~赤抜ゲ沢~杉ノ沢)
2017.09.15-17 白蓬沢右俣~引上ゲ沢~白滝沢~柳小屋沢~大倉沢(左岸尾根)
2017.09.16 南カドナミ沢
2017.09.09-10 苗場釜川右俣
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カテゴリ