FC2ブログ
2016. 08. 14  
夏合宿で朝日川朝日俣沢岩魚止沢に挑んできた、ワタシだ。

登り詰めた先は大朝日岳。これは、沢から百名山?!42座目のハントとなった。
rps20160814_164302.jpg

メンバーは、Mリーダー、W先輩、K先輩。お三方ともワタシとなかなか沢泊をしてくれないので、メンバーが決まった時からかなりテンション高かったんです。ふふっ。

8/11
山の日で混雑しているかと思いきや、朝日鉱泉の少し下に空きスペースを見つけることができた。予想よりも車は少ない。

準備を整え9:15朝日鉱泉を出発する。
天気がよく、午前中からかなりの暑さ。適宜休憩をとり、黒俣沢との出合いまでは登山道をすすむ。
出合いから朝日俣沢へ入ったところで昼食をとる。

11:35いよいよ入渓。
朝日俣沢は、昨年に枝沢である下ノ大沢を遡行したので、co730まではなんとなく記憶があった。今年は水量が少なくかなりおだやかな印象である。
DSC_2628_R.jpg

地形図の通り、前半はおだやかなゴーロ。小滝があるものの問題はない。
co720の下ノ大沢が流れ込む先に深い釜が現れる。リーダーはきわどい左岸をヘツリで突破していくも、ワタシにそのルートは難しく、下ノ大沢を登って巻いた。
DSC_2634_R.jpg

co830に5mの滝が現れる。リーダーが空身で中央を登り、後続を確保してもらう。確保されていてもいやらしい滝だっという感想をリーダーに伝えたところ、ハーケン打とうと思ったら、ザックから出すの忘れたって・・・おいおい。

co856の10mの滝は、この日アクアをはいてきたW先輩がリード。序盤は無敵のシューズだったが、中盤の苔で戦闘不能に。シューズの性能の違いを間近で見ちゃいました。
とはいえ、難なく登って後続を確保。
rps20160814_170201_R.jpg


次の10m滝は高巻きで突破するも、下降した箇所にまた滝が現れる。上からは先が見えにくいため、降りた地点にある滝が見えない。ここでは、3回連続で「滝→巻き」を行った。

co910に10mの滝が現れる。左岸から巻くことができるが、ここは登ることに。まずは、リーダーが空身で登る。後続と荷揚げを終えるも、登った滝の上部に滑る小滝がそびえる。
左岸から巻いていたK先輩にお助けを出してもらい、無事に通過することができた。
rps20160814_170940_R.jpg

初日はco934にテン場を決め、16:30に遡行終了となった。
盛大なたき火とW先輩のディナーで盛り上がり就寝。
DSC_2650_R.jpg

8/12
2日目も気持ちのよい晴天。
まずは、10m滝の高巻きからスタート。
rps20160814_171753_R.jpg

その先には雪渓が現れた。一瞬、氷点下の世界となるが雪渓はわずかに残るのみであった。
DSC_2653_R.jpg

co1010で大分角度がきつくなってくる。ここでいくつかの岩陵をまとめて左岸から高巻く。

険しくなるかと思いきや、しばらくゴーロが現れる。

ゴーロの先に、岩魚止沢が流れ込むも、まだ分岐手前だと勘違い。阻む6mの滝を右から小さく巻こうとするが、岩が脆く難しいため右の沢から巻いているうちに、左奥から入る枝沢が見えてきて、ここが出合いであることに気づく。

岩魚止沢に入ると、40mを超える大滝がそびえ立っている。
rps20160814_172102_R.jpg
大滝を眺めて休暇をとりながら、ルートを読む。下部10mを右岸から巻いて、そこから登攀を開始。
リーダーはアドレナリン全開の模様。見ているだけでも足がすくむルートを登っていく。
滝が大きいため、間もなくザイルの連結部が中間を取ったカムに到達してしまう。
リーダーはなんとか足場を確保して後続を確保してくれた。
登り開始地点がすでに10mの高さのため、恐怖心でなかなか進むことができない。登りきったときは口のなかがカラカラだった。

ここからは、斜度が増し長い詰めのような感じがco1500mまで続くきつい登りとなる。
DSC_2690_R.jpg


水が枯れたころ、大朝日岳直下のカールをトラバースして中ツル尾根に出る。
DSC_2693_R.jpg

大朝日岳山頂から周りの山や沢の景色を堪能。今年はほとんど残雪が見られない。辺りには赤トンボが飛んでいるのをみて、アブやブヨの被害に遭わなかったことを思い返した。
DSC_2694_R.jpg

この夜は大朝日小屋でお世話になった。
登攀の緊張で疲れきって、この日も早々に就寝してしまった。夜空に満天の星が出ていたことは、翌朝知るところとなった。

8/13
ワタシは、寝坊しご来光は先輩の写真で堪能することに。きれいな日の出ですなぁ。
DSC_2725_R.jpg

山ヤさんたちが出発して、小屋が寂しくなった6:45に下山を開始。午前中でも暑さが厳しく「あつ~いあつ~い」連呼の下山となった。



家に帰って、ふと先月の徒渉訓練で水没させたスマホを見ると・・・電源が入る。
今頃復活してくれてもなぁ。


shin


スポンサーサイト



NEXT Entry
2016.08.11-15 北股川
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.13-14 谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
Comment
No title
お~懐かしい、10年前に行ったとこですわ。さすがにテンバの10m滝と40m大滝しか覚えてなかった。無事に帰って来れて何よりでした(^o^)丿
いっぱい登らせてもらいました。
まだ、筋肉痛です。

天気がよくて、あぶがいなかったことがよかったです。
No title
アブおりませんでしたか。ついてますね。。。
テンバの10m滝の巻きは、当時は草付が不慣れで恐怖を感じたものでした。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ