2016. 06. 12  
今日も飯豊連峰前衛の沢(飯豊前衛としても、少し離れすぎているような気はするが)を登る。
昨日遡行した深沢の隣、下山時に上流部を下降した不動沢を出合から遡行した。

不動沢のF1とF2は不動滝と言って、滝見の遊歩道が整備されており、入口には結構広い駐車場がある。
一の滝は15Mと書かれており、遊歩道の階段脇に懸る斜瀑だ。
簡単に登れそうだが、わざわざ登る気にもならないので、見るだけ。
160612-063241.jpg

遊歩道は二の滝の基部で終わる。
二の滝は落差23Mの直瀑だが、水量が少ないので飛沫も舞っておらず、涼しさも感じられない。
ロープを引いて右壁を登っていく。ホールドは外傾気味だが、しっかり足を置けるくらいの大きめのものが多い。
ブッシュで支点をとって、後続をビレイした。
160612-063534.jpg

不動滝の落口はゴルジュになっていて、上部に釜を持った5Mと7Mの滝が続く。
5M滝は右側からやや巻き気味に登って、上部7M滝の釜へ降り立つ。
7M滝は左側の斜上バンドを難なく越えたが、何故かトラロープがフィックスしてあった。
160612-075608.jpg

ナメ交じりの平凡な沢筋を進むと、2Mと10Mの滝が続く。
10M滝の基部には三角おにぎり型の深い釜があって、底が見えない。左壁の細かいホールドを丁寧に探って足を置いていく。
160612-081104.jpg

蒸し暑い中、ブッシュがトンネル状に覆いかぶさる平凡な沢筋を歩く。
すると、前方に白い靄が見えてきた。雪渓が残るような渓相でもないので、何だろうと思ったが、昨日この辺に鉱山があることを知ったので、採掘のために掘った洞窟があるのかもしれないと予想したら、この冷気は正に洞窟から噴き出してきていた。
しばらく洞窟入口で涼んだ。
160612-084010.jpg

再び長く単調な沢筋を行くと、正面に白い岩壁が見えてくる。沢筋が右へ折れると、6M、12M二段の滝が続いていた。
12M滝下段は乾いてフリクションが効く左壁を快適に登るが、上部はヌメりが強く、水流右側をブッシュを掴みながら登った。
160612-092714.jpg

標高300M付近の左岸には鉄柵で塞がれた洞窟が・・・。これは本当に鉱山のものかもしれない。
160612-094309.jpg

鉄柵の洞窟を過ぎると、間もなく二俣となり、左へ進むと見覚えのある林道に出た。
この林道を下って、昨日と同じところに停めた車に戻った。
160612-095846.jpg

標高差わずか300M弱の短い沢旅だった。
水は少ないしきれいではないが、開豁な滝が懸っていて、おまけの沢にしては十分楽しめたといったところか。
スポンサーサイト
NEXT Entry
2016.06.18 阿武隈川 南沢(左俣)
NEW Topics
加入道Night!!(2017.11.18-19:丹沢・加入道避難小屋)
2017.11.12_レスキュー秋
焚き火は大成功!!(2017.11.03-04:足尾・松木川丸石沢~仁田元沢下降)
2017.10.28 内川 岩魚沢
終わりよければ...(2017.10.28:谷川・湯檜曽川湯ノ沢)
2017.10.21秋の集中A班 苗場檜俣川赤ノ沢西赤沢
2017.10.21 秋の集中 B班 檜俣川悪沢
2017.10.14_貝沢川
2017.10.07-09奥鬼怒湯沢
2017.10.08-09_大石川イヅグチ沢etc
Comment
No title
ネットで「角神不動滝」で検索すると、結構ヒットしました。二の滝は、水量がある時、なかなか見ごたえがある滝ですね。集水域が狭いだけに、降雨時・直後か雨が続いた後でないと、水量は期待できないでしょうね。今回は、雨があまり降らなかった上に、冬の積雪が少なかったせいで、特に水量がなかったのかもしれません。
おぉ、ほんとうですね
全く印象が違います

水量が多い時、二ノ滝上のあのミニゴルジュはどんな感じになるのか、、、想像してしまいますね
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
カテゴリ