FC2ブログ
2016. 05. 26  
Fさんが企画した栗原川ツバメ沢・砥沢・八林班沢に参加しました。
前日に都内を出発し、道の駅に前泊。軽く前夜祭を行い1時過ぎに就寝し、翌21日は6時半に出発。14日に開通したばかりの栗原川林道を行きます。林道に車を停め、身支度を整えスタート。体験山行の方を含め、総勢6名となかなかの大所帯。まずは、林道脇の斜面を下り、ツバメ沢に入って行きます。
IMG_0335 (1)
こんなかんじのナメがところどころ出てきます。
IMG_0341.jpg
立派な滝もありました。
IMG_0354.jpg
この滝は右岸を巻いて下ります。下から見るとなかなか綺麗な滝です。
IMG_0356.jpg
小滝を下降したり、楽しい遡行が続きます。
IMG_0367.jpg
1時間半で出合に到着し小休憩。休憩中、不動滝の方が気になるとのことで偵察に行っていた方が。その先には何が?IMG_0375.jpg
なだらかななかに、小滝が続きます。水量も多く、腰まで浸からなければならないところも。
IMG_0379.jpg
Fさんがどこを登ろうか思案中です。
IMG_0389.jpg
右岸を登ることに。ふと右岸を見ると、既にMさんが。
IMG_0391.jpg
最初の一歩が微妙でした。
IMG_0396.jpg
小滝が連続する奥に、大きな滝が!
IMG_0401.jpg
と思ったら、堰堤。ここは、右岸を巻きます。
IMG_0404.jpg
堰堤を越えると十林班沢との出合です。そこから先は、一旦河原歩きとなるが、しばらくするとまた滝が復活します。

この滝は、右から。
IMG_0428.jpg
落ち口に出るところは、油断禁物!
IMG_0431.jpg
綺麗なナメの先には、また堰堤が。右端にちょうどいい具合に木があったので、それを使いながら登りました。
IMG_0437.jpg
IMG_0445.jpg
堰堤から先は平凡なゴーロ歩きに。八林班沢に入り、そろそろ終わりかな?と思ったところで、最後に滝が!
IMG_0447.jpg
ここは、Fさんが左岸を高巻き、滝の上に出たところでザイルを出してくれました。滝の右側のグズグズの斜面を確保してもらい、登ります。私は、なかなか上手く登れず、グズグズしてしまいました。。
IMG_0473.jpg
この滝を過ぎると、フィナーレのナメがお出迎え。
IMG_0478.jpg
ナメの先の石積みを越えると、すんなり林道に出れます。
IMG_0480.jpg
IMG_0481.jpg
IMG_0484.jpg
アップダウンがある林道を40分程歩き、車に戻り終了です。
IMG_0490.jpg

初夏を感じる陽気のなか、充実した山行となりました。

スポンサーサイト



NEXT Entry
20160522_赤の浦川滝ノ沢
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.13-14 谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ