FC2ブログ
2011. 05. 05  
I谷です。

GW恒例となっている関西遠征だが、今年は第1弾として4月30-5月1日の日程で南紀・相野谷川相野谷へ行く。

子ノ泊山を水源とし、去年行った立間戸谷の反対側に位置する沢で構成も似ている。登れる滝が少なく、行程も短いのが難点か。

P4300009-s.jpg
出合から少し行った所にある2条12m滝。なかなかの美瀑で、下は大釜となっており風格がある。登れずに左岸を巻く。

P4300017-s.jpg
地蔵谷出会いを過ぎ、一旦林道が横切り、少し行くと落打滝40m。登るとすれば右隅からだろうが、シビアなクライムが予想されるため右岸を巻く。なぜかぴかぴかなボルトやフィックスロープなどが整備されており、やや興醒め。

P4300020-s.jpg
落打滝上部。ナメ滝とナメが続いており、非常に美しい。この後はしばらくゴーロで、100mの障壁をめぐらせた40m滝は一見して登攀不能、右岸リッジを大巻きする。

P4300024-s.jpg
大滝上は綺麗なナメ床が続き、立間戸谷と似ているが、やがて平凡なゴーロとなり、子ノ泊山へ詰めあがる。この日は立間戸谷へ下り、Co750の小屋跡に幕営。翌日、立間戸谷沿いの道を下り、熊野川温泉へ。

今回は「釣り師」2名が一緒だったが、大きなものがいなかったのが残念? であった。
スポンサーサイト



NEXT Entry
GW関西遠征②立合川
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.13-14 谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ