FC2ブログ
2016. 05. 03  
今年のGWは、発達しそうな低気圧が、間隔をあけずにやってくるので、5日以上の計画の実施に踏み切れず、細切れの山行になってしまった。今回は、猿倉から馬尻へ向かって大雪渓を登り、村営宿舎から鑓ヶ岳まで稜線を歩いた後に、鑓沢を滑って鑓温泉で泊まり、翌日小日向のコルを通って猿倉に戻る計画。日帰りも可能なルートだが、温泉でゆっくりしようと思って、一泊の計画にした。
白馬GPS

猿倉までの道にも、猿倉の駐車場にも、ほとんど雪はない。
160502-065430.jpg

馬尻を過ぎて、大雪渓を目の前にすると、さすがにべったりと雪がついていて安心する。
160502-081607.jpg

1900M辺りまで、正面からの雪崩跡のデブリが押し出している。
ここまではシール登行でまっすぐ登ってこられる。稜線付近は風が強いので、念のため、ここでクトーを装着する。
160502-090921.jpg

岩室跡付近から頂上宿舎を見上げる。
左岸の斜面には、ほとんど雪がついておらず、山肌が露出している。
160502-102411.jpg

宿舎上部からは稜線(一部トラバース)を歩く。
稜線上は風で夏道が出てる箇所が多く、凍ってるかもしれないので、アイゼンを装着する。
当然スキーは担がなければならない。
足首の自由も効かないし、風は午後になっても相変わらず強く、ザックに括り付けたスキーも風を受けるので、稜線歩きは結構骨が折れる。幸い、気温が高いせいで、硬く凍っているところはなかった。
160502-120712.jpg

頂上宿舎直上で稜線に出たところから、これから進む丸山方面を見渡す。
160502-121152.jpg

今回のルートで、特に風が強くて苦労した区間の一つだった丸山を越えると、ライチョウにお目にかかった。
風も少し弱くなって、ほっと一息。
160502-131510.jpg

杓子岳はなだらかな西面の山腹をトラバースする。
160502-132910.jpg

ここでもライチョウにお目にかかる。今度のは、さっきのよりも白い。
160502-135053.jpg

小鑓に近づくと、再び風が強くなってくる。
鱗状の鎖のようになった雪が風の強さを物語る。
160502-140332.jpg

小鑓への登路。
風が強く、斜度がある上に雪の付きが悪いので、非常に歩き辛かった。
160502-140338.jpg

鑓ヶ岳山頂にて。
標識と氷のオブジェの間に見えているのは、白馬岳。
160502-145146.jpg

鑓ヶ岳南面は雪の付きが悪く、礫が露出しているので、アイゼンを付けたままその先を降る。
160502-145159.jpg

最低鞍部の手前で、スキーに履き替えて、鑓沢を滑る。
小日向のコルを越えてこちらに直行した人たちが滑った跡があった。
シュプールは問題ないが、ツボ足で歩かれた跡は、スキーにとってはちょっと困りもの。
160502-154556.jpg

沢幅が狭まって、左に曲がる手前で、左岸に露出した岩肌に水が流れているのを見つけたので、少し登り返して水を汲んだ。
160502-160139.jpg

沢が左に曲がると、鑓温泉が見えてくる。先着はテント一張り。自分も浴槽を見下ろす位置にテントを設営する。
160502-163207.jpg

温泉で汗を流し、雪に埋めておいたビールを開ける。
160502-171629.jpg

夜になってもあまり気温は下がらず、快適な一夜を過ごす。
東面で、かつ東側にここより高い山がないので、朝はすぐに陽が差してくる。
気温が下がってなかった分、陽が差すと、ぐんぐんと気温が上がって暑くなってくる。
160503-054240.jpg

温泉からさらに鑓沢(すでに湯ノ入沢か?)を滑って、小日向のコルへ登り返す地点から、温泉方面を振り返る。
160503-072136.jpg

コルの先、楽しいのは一瞬で、あとはプルークで密なブッシュの間を縫って夏道をトレースして、1450Mからは板を外して歩いた。
3日の夜から4日にかけて天気が荒れる予報がでているせいか、前日より駐車場の車は少ないみたいだった。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2016.05.02-03朝日前衛 葉山-頭殿山
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.13-14 谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
Comment
ライチョウ可愛いですね
山頂の氷のオブジェがすごい・・・

風呂の横にテントを張るなんて、最高ですね!
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ