FC2ブログ
2011. 05. 02  
尾瀬ヶ原の外周を半周してきました。

至仏山へ
戸倉から乗り合いタクシーに乗って鳩待峠に到着すると、大勢の登山者・スキーヤー・スノーボーダーで賑わっています。
まずは鳩待峠から至仏山を目指して、ひたすら緩斜面を登っていきます。初級者のシール登行の練習には程よい斜度です。

カッキリ堀を過ぎて
多くの人が山頂から鳩待峠に向けて戻るようです。また、一部の人は山ノ鼻へ夏道沿いに降るようでしたが、ムジナ沢を滑降する人は見かけませんでした。さて、自分は山頂からムジナ沢上部をトラバースして北上します。露岩帯に阻まれて板を持って降ったり、ハイマツ帯に阻まれて横滑りですり抜けたり、思いのほか時間がかかります。写真はカッキリ堀左岸の尾根を分けたあたりです。

融けてなまった雪庇
尾根の西側と尾根上はコブが連続したような雪庇が続いて、尾根上を行こうとすると細かいアップダウンが多くて苦労します。東面は均一に雪がついているので、斜度が緩いところは東側を進みます。

JPから至仏山を振り返る
日崎山、ススヶ峰を過ぎジャンクションピークにたどり着きました。日崎山手前辺りからスノーシューのトレースが着いていました。さらにススヶ峰手前からはアイゼン付きの足跡が多数出てきました。写真はジャンクションピーク付近に設営した幕場から振り返った至仏山です。夕方、天気は安定しませんでしたが、18時過ぎには安定しました。

平ヶ岳へのなだらかなスロープ
日が変わって、ビバーク用具をデポして平ヶ岳を目指します。コブ状の雪庇は相変わらずですが、平ヶ岳手前2つ目の小ピークを過ぎるとなだらかな広い尾根になってきます。頂上(最高点)で折り返して滑降に入るのですが、山頂からこの辺りまでが最も快適でした。

与作岳
デポした荷物を回収して西へと進路をとりました。大白沢山はじめほとんどのピークを北から、南から巻いていき、最終ピークの与作岳へと登り返します。山頂付近は平ヶ岳のようにまっ平ですが、こちらは点々と木の頭が出ています。正面に燧ケ岳が見えてますね。

ヨッピ吊橋
与作岳から東電小屋へと続く尾根を降って、尾瀬ヶ原に降り立ちます。そこから西へ進んで板がはずされたヨッピ吊橋を渡ります。足元直下にヨッピ川の流れを見ながら慎重に・・・・

見晴
翌日の天気が悪そうなので山ノ鼻へ向かい、翌日朝一で下山してしまおうかとも思いましたが、少しでも静かなところで泊まりたいので予定通り見晴へやってきました。キャンプ地には他にテントがひと張り。本当に静かな夜でしたが、日が変わって間もない頃から雨が降り出してしまいました。ダケカンバの若木に囲まれた絶好の位置にカタログ写真のごとく美しく張ったツェルトでしたが、雨には勝てず雨漏りしました。

翌朝も雨が降り続いていたので、富士見平経由の予定を変更して、ひたすら単調な尾瀬ヶ原を横断して山ノ鼻経由で鳩待峠に戻りました。
スポンサーサイト



NEXT Entry
GW関西遠征①相野谷
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.13-14 谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ