FC2ブログ
2015. 10. 26  
♪秋晴れ、あっぱれ、沢日和~
ワタシだ。

10月25日、晴れ。
東大芦川蕗平沢を遡行してきた。
20151026205715e9e.jpg

駐車予定地に向かうと、伐採作業のため予定地手前1.2キロで足止めをくらう。
仕方が無いので路肩に車を寄せて、ここで沢支度を整えることに。

今日のメンバーはnaoリーダー、I先輩。
3人揃ったのは、8/29に悪天候敗退となった細尾沢以来。
楽しみじゃあーりませんか。

naoリーダーが計画を上げると、当会北海道支部から「渋いチョイスですね」って一報が。
どんなところなのな、ワクワクどきどき。

仕事道を使って、いざ入渓。
谷が深いため暗い印象ではあるものの、天気が良いため時折差し込む日差しが沢を綺麗に見せてくれる。
天気予報では、木枯し一号が吹き荒れるとも言っていたが、沢の中は風もない。
201510262057162e4.jpg

序盤の釜をリーダーとI先輩が左右から攻める。
どっちが簡単?
2015102620571989a.jpg

続いて10mの滝。
201510262057200e9.jpg

8mの滝は左岸を巻いた。
201510262058247c9.jpg

しばらく小滝が続きゴーロの渓相になると「飽きてきた~」とお二人から声が上がる。
こういう沢は退屈なのかぁ。まだ、良し悪しがわからない・・・

ラストの大滝10m。高巻きをしたらさらにもう一つ大滝があったので一緒に巻いた。
201510262058257dd.jpg


だんだんと水量も少なくなり、詰へ。
沢筋を離れ、尾根を行くことに。急勾配に息が上がる。
最近、詰なしが多かったからなぁ。
20151026205827515.jpg

12時15分、co1445の登山道へ出た。
登山道は木枯し一号が吹きすさんでいた。さーぶーいー。
風をよけられるところで昼食をとり、地蔵岳を目指す。(最近、地蔵岳多いなぁ(笑))
2015102620582874e.jpg

地図の読み方を教えてもらいながら、尾根を下山。
うっすらと踏み跡があるようにも見えるが、私は現在地がすぐにわからなくなってしまった。
201510262058294a9.jpg

急なくだりに疲れたので、最後は頼み込んで懸垂下降をさせてもらった。
2015102620590977b.jpg


15時30分、山行終了。
お疲れ様でした。

ワタクシごとだが、
履いていた沢靴の右足おやゆび部分が切れていた。
ソールのフェルトも減っている。
Y先輩仕様の記念すべき沢靴一足目は、そろそろ寿命かな。
20151026205913d89.jpg

shin

スポンサーサイト



NEXT Entry
夏油温泉紅葉温泉山行その2〜ウシロ沢
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.13-14 谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
Comment
No title
天気いいですね。前回行ったのは10年前ですがまるで印象が違う…
最後の懸垂は練習風景のように見えますが。そんなに疲れた?
No title
青空の下の遡行はいいですね。
沢が本当に綺麗でした。

傾斜のある下りは、滑るし石を落としてしまうしで、緊張続きでくたびれました。
練習っていわないでくださいよ~
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ