FC2ブログ
2015. 10. 18  
F薪です。

今年度秋の地蔵岳集中。I田リーダー率いるB班は、大日杉より大日沢ひがしの沢遡行~鍋越山の稜線から黒松沢下降~滝川赤石沢遡行~地蔵岳の計画で飯豊に向かいます。

初日はまずまずのお天気。2日目以降の天気予報はあまりよくありませんが、予定通りまずは大日沢へ入溪します。


堰堤を2基越えると、Co635でみずくみの沢を、Co650でなかの沢を分けます。
その上は小滝が続き、奥多摩の小さな沢の遡行のような雰囲気。
20151010B02.jpg

Co800を越えたあたりからは傾斜も増してきますが、通過に困難な滝はありません。
20151010B03.jpg

昼過ぎに稜線へ到着しました。その昔は登山道があったという尾根ですが、今は廃道。しかも性質の悪いつる植物が繁茂しています。ときどき写真のような道形が現れるのですが、倒木とつる植物に阻まれ、思うように行程が捗りません。
20151010B04.jpg

2時間かかってやっと鍋越山山頂付近に到達しましたが、計画通りに進むのはもはや不可能な状況に。
さてとしばし思案し、登ってきた沢を下降することにします。12日11時に地蔵岳への集中を最優先に計画変更です。
この日は、1時間ほど下った場所になんとかテントを張れる場所を確保しビバークとなりました。

翌日は、ひがしの沢をCo635二俣まで下降し、みずくみの沢を遡行して適当なところで泊。最終日に登山道まで詰めて地蔵岳に集中するという行程に大幅変更となりました。
みずくみの沢に入ってすぐは倒木が煩い。登山道も近いし、倒木だらけだったら...といやな予感が過ぎます。
20151010B05.jpg

すると、Co800付近からは倒木も減り、滝といえるほどの落差の滝が出てきます。
写真の滝は3段に落ちるスラブ滝です。傾斜はそれほどでもなく登りやすそうですが、いざ取り付くとぬるぬるで滑りやすい。ここはザイルを使って通過します。
20151010B06.jpg

その先も急傾斜が続き、登れない滝も...。沢としては、ひがしの沢より数段面白い沢といえそうです。
20151010B07.jpg

ただし、時間も午後となりテン場が気になってきます。いくつか候補がありましたが、どうも決め手に欠けるので、しばらく遡行を続けます。
Co1000を超えたところで、登れない滝を高巻きますが、その先にも滝が見えるため、そのまま高巻きを続けます。このまま登山道まで上がってしまうかという話にもなりました。が、水がないし...ということで懸垂で沢へ戻ると、そこにドンピシャでテン場適地が出現したのです。
さすがI田リーダー!!ということで、安心しておやつタイムに(笑
緊張(テン場探しで緊迫)したので、甘いものが美味でした。(I黒さん、きんつばごちそうさま)
20151010B08.jpg

テン場周辺には、ミズがたくさん生えていたので、ミズコブを採集して食材の足しにしました。
20151010B09.jpg

その晩は一晩中雨が降り続きうんざりでしたが、一夜明けると快晴!! 紅葉が輝いてきれいな朝となりました。
20151010B10.jpg

天気がいいと、気分もいい。元気に登ります。
20151010B11.jpg

尾根に上がる最後の登りが少々嫌らしかったのですが、藪も初日ほどではなく、テン場から1時間半足らずで登山道へ出られました。
20151010B12.jpg

輝く紅葉の中を地蔵岳目指します。
20151010B13.jpg

約40分の登りで地蔵岳山頂着。山頂手前は人が溢れていました。そのなかに1泊組C班のメンバーも。
20151010B14.jpg

雲はやや多目でしたが、地蔵岳からは飯豊本山(正確には飯豊山神社のあるピークのようですが)の端正な姿も見えて最高でした。
20151010B15.jpg

やがてA班も到着し、地蔵岳集中山行は無事成功。
藪と天気に翻弄されましたが、最後は帳尻があったということで、まずはめでたしめでたし。
スポンサーサイト



NEXT Entry
紅葉の西ゼン
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.13-14 谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
Comment
No title
集中B班お疲れ様でした。

初日は廃道の藪こぎ、二日目はテン場がなかなか見つからず、泣き言ばかりでスイマセンでした。
二日目のテン場はまさに奇跡。この日のI田不動産一押し物件はしびれました。
テントの温かさとF巻さんの絶品ディナーが思い出深い山行です。
ありがとうございました。
No title
お疲れさまでした

どうも今年は泊まりの場合は必ずどこかで雨に降られることになっているようですね...
たき火ができずに残念でしたが、最終日はほんとに気分が晴れ晴れで、よかった。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ