2015. 08. 27  
夏合宿3班は、女川と藤沢川をめぐる計画。
女川白沢~大峰の雨池~白ソマダ沢~藤沢川カンニャコエ西沢~カンニャコエ沢~八木ノ沢へとつなげるはずだったが、
途中で時間切れとなり、カンニャコエ沢と八木ノ沢は割愛。
カンニャコエという変わった名前の沢。八木ノ沢は雨ごいが行われていた沢。これらの興味深い沢に行けなかったのが残念だが、またの機会に訪れることにしよう。

予報では午前中は雨、午後は曇りなので予定どおり出発する。
女川林道を八木ノ沢出合まで歩く。
DSC04747.jpg

途中の崩壊地。
通ってはいけませんよ。というのに悪い子は構わず進む。
DSC04748.jpg

写真には写っていないが、右側の遥か下方(何十メートルあるのかな?)を沢が流れている。
ここから落ちたら・・・と思うとぞっとする。
先輩たちについていくが結構怖かった。
あわわ。
DSC04749.jpg

八木ノ沢出合の少し手前で河原に降りる。
昨年の夏合宿の2日目に泊まった河原だ。
DSC04750.jpg

DSC04751.jpg

DSC04755.jpg

豚の角煮か?と思った岩。
DSC04756.jpg

DSC04757.jpg

なかなか見事な3段滝。
DSC04758.jpg

DSC04759.jpg

浸かって、へつって、泳いで~を繰り返す。
流れは穏やかだけど・・・へつりに失敗してドボンしてもいいけど・・・足がつかない所はまだ怖い。
DSC04760.jpg

晴れてたら喜んで泳ぐのになぁ
今日は寒くて積極的になれない・・・
DSC04763.jpg

DSC04765.jpg

DSC04766.jpg

へつりながら、H氏が考案した「世界ヘツリング(へつり)大会」(笑)
ほんとにそんな大会があったら面白いのにな~
DSC04768.jpg

DSC04771.jpg

DSC04772.jpg

今日のテンバ予定地は蕨峠への道があるあたり。
あわよくば、牛股沢出合まで行きたいが、
勾配がほとんどないので、行けども行けども、なかなか距離を稼げない
DSC04773.jpg

DSC04774.jpg

奥が深そう~な淵を前に休憩中。
とにかく寒いので、今度は私がトップで行きます!とも言えず・・・
リーダーありがとうございました
DSC04776.jpg

DSC04778.jpg

先輩方にはなんでもなくとも、
私にはちょい激流に思えるんですが!
DSC04780.jpg

DSC04783.jpg

DSC04786.jpg

深い淵が現れる度に、またかよ~もう嫌だよ~という声が聞こえる
DSC04787.jpg

DSC04788.jpg

DSC04791.jpg

DSC04792.jpg

DSC04793.jpg

DSC04796.jpg

DSC04797.jpg

午後も時々雨。突然強く降り出したりした。
DSC04798.jpg

DSC04799.jpg

DSC04805.jpg

DSC04807.jpg

DSC04809.jpg

DSC04810.jpg

DSC04813.jpg

ヨケ沢を過ぎ、そろそろテンバ適地を探そうか・・・と進んでいくと
良さそうな砂地が現れた。ホッ。
DSC04816.jpg

焚火を起こそうとH氏が頑張ってくれたが、薪が湿っていてなかなか火が燃え上がらなかった。
いいところまでいったのに・・・むぅ
今夜のメニューは、切り干し大根サラダ(わさびマヨ)、ゆで豚肉(塩漬け肉使用!)、焼きビーフン。
初めて上手にお米が炊けた。
朝は、あんかけごはん(具多すぎた?)と味噌汁。
DSC04817.jpg

明日は晴れるといいな
スポンサーサイト
NEXT Entry
2015.8.22-25 夏合宿3班 女川~藤沢川 (その2)
NEW Topics
少し不思議...(2018.06.17:飯豊前衛・実川八ツ目沢)
相鉄線沿線?いえいえ...(2018.05.26:鶴沼川二俣川左俣)
2018.5.13 一之瀬川竜喰谷
2018.5.19笛吹川東沢鶏冠谷左俣
一見の価値あり、百間滝(2018.05.06:三滝川東多古知谷)
鈴鹿エメラルド(2018.05.05:野洲川元越谷)
祝!初檜枝岐、初山菜(2018.04.14:会津駒ケ岳MS)
2018.4.1丹沢河内川大当沢
2018.3.25 神ノ川矢駄沢
2018.3.11 葛葉川本谷
Comment
No title
焚火部敗北!? 残念…

そういえば虫除けネット頭にかぶってるの久しぶりに見ました。こっちは今のところ会ってません。いなかったらいなかったで寂しくなる・・・
No title
焚火部なんてあったんですか?!(笑)
入部しようかな・・・

噂に聞くほど虫は多くないですね
アブ柱にはまだ遭遇していませんし・・・
合宿2日目、竿を出そうとすると虫がいなくなる。。。ということもありました
でっかいアブで釣ってみたいんですけどね

No title
焚火部に関してはH尾氏にお尋ねを・・・ww

それから釣りには餌釣りでない毛鉤というものがあるそうですから、興味がおありでしたら調べてみては。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
カテゴリ