FC2ブログ
2011. 04. 19  
去年は悪天候のため道行山で引き返しましたが、今年はスキー山行の中でも屈指の好天に恵まれました。

駒ヶ岳
小倉山付近から行く手に駒ヶ岳がデデ~ンと聳えています。手前のまったいらに見える稜線から一気に傾斜が強まるあたりが百草ノ池かな。一番斜度があるのは駒のノ小屋直下で、この日のコンデションではそれ以外はシール登行できました。

荒沢岳
荒沢岳もくっきりとその雄姿を見せてくれました。駒ヶ岳とは対照的な印象ですね。

柳沢へ降る尾根
山頂から小倉山を過ぎる辺りまで快適に滑ります。白沢も面白そうでした。白沢にも何本かのシュプールが描かれていましたが、計画書どおり往路と同じルートで滑り降ります。道行山へ登り返した後、再び滑り出すと間もなくお楽しみもお仕舞い。柳沢へと降る尾根を滑ります。ここは柳沢出合から3番目の尾根ですが、この辺では急斜面を滑ると表面の湿雪がザーザーと音を立ててゆっくりと雪崩れていきます。ここを滑りきると、あとはひたすら平坦な林道を滑ったり歩いたりして石抱橋に戻ります。

白銀の湯にて
白銀の湯から見上げた駒ヶ岳。照り返しが強く、山全体がテカテカして見えました。
スポンサーサイト



NEXT Entry
やっぱり悪かった川浦谷
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.13-14 谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
Comment
奥只見
 一昨年前に沢登りで白沢を登ったのを思い出します。

雪の越後駒は格好良さそうですね。

今年はこの山域の沢にも行きたい・・。


まる
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ