FC2ブログ
2015. 08. 12  
今日もぐんぐん気温が上がっていますが、なぜか?!ホラの貝沢へ行ってきました^^)
(ホラの貝沢は水がとても少ない)
当日発で行けるとこで、行ったことない沢~・・・ということで。
DSC04611.jpg

DSC04612.jpg

DSC04614.jpg

DSC04615.jpg

途中で見かけたパーティ。
DSC04617.jpg

DSC04619.jpg

ホラの貝ゴルジュで小休止。
相変わらずのきれいな色。
今度、このゴルジュを突破してみたい話などをしつつ、ホラの貝沢へ向かう!
DSC04621.jpg

入渓直後の風景。
出だしから傾斜が強く、緊張する・・・(すでに前日から不安だった(笑))
早速、お助けひもを出してもらう始末。
(滑って落ちたら、下までごろんごろん転がってしまうので)
DSC04625.jpg

滝?
どこからどこまでが滝なのか分からない・・・
DSC04626.jpg

DSC04627.jpg


途中まで登るが、その先、これは無理だろ~。となり、左岸を巻き。
念のため、私はロープで確保してもらいながら進む・・・
DSC04628.jpg

懸垂下降で沢に戻ると、傾斜が緩んで穏やかな光景が。。。
ほっとする
DSC04631.jpg

DSC04630.jpg

最初の核心の滝の巻きに時間がかかり、やっと最初の二俣に着いた。
DSC04632.jpg

再び、怒涛の急傾斜が始まる。
この滝の最上段は岩がつるつる
DSC04634.jpg

DSC04638.jpg

今度は右岸を巻く
DSC04639.jpg

DSC04640.jpg

DSC04641.jpg

DSC04643.jpg

ほんとに・・・どこまでも傾斜が強いので、ほとんどの滝はロープで確保してもらい、登る(汗)
DSC04646.jpg

DSC04647.jpg

DSC04648.jpg

登ったり巻いたりしているうちに、奥の二俣の手前にある大岩に到着。
ここから先はもう滝はないらしい。
ないと言われると寂しい。。。
DSC04649.jpg

奥の二俣を右に進み、ガレた斜面を詰めて、左岸尾根へ。
落石を起こさないように、掴んだ岩や木が動かないか確かめながら登る、いい練習になった。
DSC04651.jpg

DSC04652.jpg

DSC04653.jpg

鶏冠尾根に出た。
DSC04654.jpg

イグチさん?
DSC04655.jpg

DSC04656.jpg

DSC04657.jpg

DSC04658.jpg

鶏冠谷出合に到着。
気持ち良さそうな鶏冠谷・・・
つい水の中にじゃぶじゃぶ入る
DSC04659.jpg

DSC04660.jpg

ショートコース、お疲れ様でした!

帰り道、ライフジャケットを着用した女子の集団を見かけました。
ゴルジュを泳いできたのかな?!

nao
スポンサーサイト



NEXT Entry
2015.08.08~12 飯豊川洗濯沢遡下行①
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.13-14 谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ