FC2ブログ
2015. 08. 03  
F薪です。

先週、ヘイズル沢の王道、左俣右沢を歩いたメンバーがいるらしいが、王道を潔しとしないメンバー(二人だけか...ははは)で、右俣を攻めてみた。
下山も、敢えて沢下降にこだわってみたところ...

林道ゲート前から、長いと言えなくもない林道歩きで、ヘイズル沢出合へ。
しばらく右岸沿いの踏み跡をたどって沢に降り立つ。さあ、いよいよ始まり始まり。

入溪後しばらくは、前のめりに足を運びすぎたか。美溪を楽しむ余裕があまりなかった点は反省...
入溪後すぐに現れるナメ。来てよかったと思わせる景観。
ヘイズル沢下流部のナメ滝

暑いくらいの好天のなか、ナメを楽しみます。
好天のナメを歩く

遡行開始から約2時間半。左俣、右俣を分ける二俣です。
あなたなら、左と右どちらを選びますか?
沢屋なら当然、右ですよね~(え?違う?)
さあ、二俣。どっちを選ぶ?

ということで、計画通り右俣に入ります ^0^;
二俣以遠の右俣は、谷が狭まりだいぶ小ぢんまりした印象です。

本日のテン場はCo1250にとりました。
テン場を決めてから、釣りに出かけましたが、右俣の方にいるイワナはやや小ぶりが多いのか、なかなか良型に恵まれません。
放流サイズは、潔く溪にお戻りいただいたので、残念ながら晩のおかずにはなりませんでした。
イワナにとっては幸いなことでしたが(笑

薪が湿っぽく、なかなか火が安定しませんでしたが、何とか焚火らしくすることができました。
テン場にて

この週末は、天候が不安定と言うことでしたが、案の定19時前後より雷鳴が聞こえてきました。ときどき稜線上に稲妻が走るのが見えます。幸いなことに、雷雨は30分程度で収まり、雷鳴も遠ざかっていきました。

雨のせいで早めに就寝したせいか、翌日は元気に出発です。
出発から1時間ほどで1490m付近の二俣です。
コースの右沢は、数段のナメ滝の後に垂直な5m滝が続きます。一番奥に小さく見える滝がそれですが、ここは、シャワーを浴びないと突破できません。まあ、濡れるのを厭わなければ、技術的には全く問題ないのですけれど。
右俣、1490m二俣

いよいよ源頭部です。源頭部は傾斜の増したナメと巨岩のゴーロになります。真っ青な空に向かってぐいぐい高度を稼ぎますが、登っている最中は夢中でした。
右俣源頭部

岩稜帯より少し登ると、頂上の標柱が見えてきました。
さすがに頂上は眺めもよく、気持ちのいい頂でした。

頂上標柱と、小至仏・至仏、遠くに霞んで見える頂稜が平らな山が平ヶ岳です。。
笠ヶ岳頂上から、至仏方面を望む

と、ここまでは大変順調だったのですが...

この後がなかなか忍耐を要する下降となりました。
笠ヶ岳の西尾根は、うっすらと踏み跡が確認でき、下降に問題はありません。ところが、西尾根から外れた途端、猛烈な藪漕ぎになりました。カンカン照りの中、2時間ほどもがき苦しんで、沢形に水が出てきたときにはホッとしました。
しかししかし、計画の座座良沢ではなく、隣の小井戸沢の支流を下降していたのでした...orz
尾根を乗っ越して座座良沢へ行こうかとも思いましたが、激藪との格闘を嫌い、そのまま小井戸沢を下降したという...

小井戸沢は、全体的に荒れた沢でした。
ときどき、こんなきれいなナメも出てはきますが、源頭部は藪藪でしたし、倒木もわずらわしく、沢としては完璧にスカです。
小井戸沢1300m付近二俣

もう、いい加減嫌気が差してきたので、途中の林道からエスケープすることにしましたが...
はい、林道です!!
林道も藪に埋もれていたというオチでした。

笠ヶ岳からの下山路に、座座良沢、あるいは小井戸沢は使えないもんだろうかと思って立てた計画でしたが、結果は笠ヶ岳からは、素直に登山道を下ろう、という結論に到達したのでした。(もっとも、ヘイズル沢の右俣右沢を下るというのは「アリ」だと思います。)

以上、ヘイズル沢右俣遡行の顛末でした。

スポンサーサイト



NEXT Entry
2015.08.09 笛吹川東沢ホラの貝沢
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.13-14 谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
Comment
No title
思ったほど雨に降られなかったようで、良かったですね。二日目は、昼頃既に群馬の方から雷鳴が流れ聞こえてきたのですが、大丈夫でしたか?
No title
1日目の夜は、20時頃に雷が鳴り、ぱらぱらと雨が落ちてきたのでタープに避難したら、そのまま寝てしまいました(笑
夜も少し降ったようですが、気づきませんでした。

2日は、10時15分に笠ヶ岳の頂上に着きましたが、天気も眺めもまずまずでした。ただ、燧の向こうに黒雲があり雨が降っている様子でしたので、檜枝岐辺りは雨だったのではないかと思います。

楢俣周辺は、夕方17時過ぎから雷雨となりました。1時間半ほど降り続いたでしょうか。初日にあれだけ降ると増水が少々心配でしたね。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ