2015. 07. 28  
F薪です。

7月26日日曜日は、大清水から大薙沢の左俣、右俣を歩いてきました。
ややこじんまりとはしていますが、滝登りを楽しめる左俣、どこまでも続くナメを楽しめる右俣、灼熱の都心を逃れて涼しい溪歩きを堪能しました。

大清水から30分、物見橋から入溪です。
入溪点確認中

一番最初に現れる6m斜瀑。右から巻きぎみに越えます。
最初の斜瀑

左俣もところどころきれいなナメが現れます。
ナメの始まり

木漏れ日の中の遡行は気持ちのいいものです。
木漏れ日の中を遡る

出合から2時間程度。いい雰囲気の5m滝。
5mスラブ滝

滝場も終盤。まぶしい陽射しの下でスラブ滝を登る。
Onaga06.jpg

詰め上げた稜線からは、奥白根がよく見えました。
奥白根

下降した右俣は、上部こそガレガレでしたが、延々と続く"滑らない"ナメが印象的です。まさに舗装道路のよう。
右俣、どこまで続くの、のナメ床

下降した右俣は、沢が開けているせいか左俣遡行時よりやや暑く感じましたが、東京から比べれば天国のよう。
「夏休み」な雰囲気の心安らぐ一日になりました。

スポンサーサイト
NEXT Entry
2015.08.02 登川丸ノ沢左俣
NEW Topics
祝!初檜枝岐、初山菜(2018.04.14:会津駒ケ岳MS)
2018.4.1丹沢河内川大当沢
2018.3.25 神ノ川矢駄沢
2018.3.11 葛葉川本谷
2018.2.12 小櫃川キンダン川
2018.2.11 高宕川左俣~右俣
2018.1.28 スダレ山
2018.1.27 二岐山
2018.1.21上州武尊山
2018.1.14湯河原新崎川左俣
Comment
No title
滑らないナメ、いいですね。
初級者の下降入門に使えるかな?
その辺の観点で、評価をお聞かせください。
No title
初級者の下降入門ということですが...

ナメ下降という観点では、滑らなさ過ぎるので、「ナメって滑らないんだ~」という誤った印象を与えてしまうのはマイナスかなあと思います。
そういう意味では、沖ビリ沢下降の方が、ゲレンデとしては優秀な気がします。
下降一般で言えば、四郎峠からの下降が(踏み跡がしっかりついていてルートファインディグの練習にはなりませんが)かなりの急斜面なので、下りの静加重の練習になるのではないかと。(今回、落石を起こしたのでヒトのことは言えませんが...)

以上は、F薪の評価ですが、山行リーダーのW部さんいかがでしょうか?
...と振ってみる。

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
カテゴリ