2015. 07. 27  
今回は滝川(横川)流域の支流を遡下行してきた。
本流の赤石沢が初級の沢ということなので、厳しい所はないと予想していたが、予想以上の平易さに少々物足りなさを感じた。
黒松沢、仕揚滝沢ともに、下流部は浅瀬とナメが続き、ひたすらウォータウォーキングの領域、
中流から上も、滝らしい滝は一つか二つ程度で、あとは簡単な小滝がある程度だ。

滝川沿いの林道を浅股沢出合へ向かう分岐まで入って車そを停め、その先を歩く。
DSCF2230.jpg

林道は滝川を渡る手前まで続いており、その先は廃道となった登山道の踏跡となる。
DSCF2231.jpg

約30分歩いて、黒松沢に入渓。穏やかな浅瀬だが、蜘蛛の巣が非常に多く、蜘蛛の巣取りの棒を振り回して歩く。
DSCF2234.jpg

岸にはブナの台地が形成されている。次第に青緑色の岩床のナメが出てくる。
DSCF2237.jpg

地形図通り、両岸は切り立っているが、谷底に緑が多く切り立った部分が隠れてしまうので、険しさは感じられない。
DSCF2240.jpg

小ゴルジュの奥に6M滝が懸る。
DSCF2242.jpg

6M滝の上は小釜と落込みが続く。
DSCF2246.jpg

二俣近くになると、右側に下部1Mがハングした岩壁が現れる。
DSCF2252.jpg

二俣では、左俣と右俣がともに2M滝を懸けて出合う。水量は明らかに右俣が多い。
DSCF2258.jpg

左俣の倒木が立て架かった小滝を登る。左俣に入ると小滝が多くなる。
DSCF2260.jpg

尾根で藪漕ぎをして仕揚滝沢に降りる。690M付近では8M滝が出てきて、左岸から右岸に向かって流れを横切って懸垂下降する。
下から見上げる限り、登るには苦労なさそうだ。
DSCF2269.jpg

小滝はクライムダウンする。
DSCF2272.jpg

ちょっとした台地を切り開いて幕場にした。タープの下にカヤライズ。
結果的には、晴天だったのでタープはいらなかった。
DSCF2274.jpg

二日目の仕揚滝沢下部の下降も、ほとんど浅瀬と河原歩きだが、時折小滝も出てきた。
DSCF2277.jpg

天気が良いと景色も良い。コゴミのような形の木を見つけた。
DSCF2278.jpg

5M滝を懸垂下降。もしかして仕揚滝と名付けられてたりする?
DSCF2285.jpg

5M滝のすぐ先(下流)右岸には30Mの水が滴るスラブが聳える。
DSCF2283.jpg

3M滝。ここはトラロープがあった。こちらの沢にはこの辺りから魚影が多く見られた。
DSCF2288.jpg

葦の草叢の間を流れる。遠目には綺麗だが、やはり蜘蛛の巣が多くて大変。
少し油断すると蜘蛛の巣に引っかかって、顔やら手やらに糸がまとわりつく。
DSCF2290.jpg

堰堤の切通りの魚道を下降すると、退屈だった沢下降も間もなく終了する。午前中に駐車場に戻ってきた。
DSCF2291.jpg

昼前に下山したので、川西で入浴した後に、米沢で遅い昼食を摂って、福島経由で帰京した。
米沢と言えば、"米沢牛"ですね。『むふっ』美味かった~ぁ。(追記:shin)
20150728085339c02.jpg

スポンサーサイト
NEXT Entry
O, cool is the valley(2015.07.26:大薙沢左俣~右俣)
NEW Topics
2017.07.16-17_前川本谷
2017.07.15-16 長走川 淀ノ沢~大面沢
2017.7.2 長走川 モウコ島沢~赤沢
2017.6.25 玉川 ナダレ沢
2017.06.24 玉川 片貝沢~藤倉沢
2017.06.18 大荒川スグノ沢
2017.06.17 玉川大アネ沢
遡ってみました(2017.06.17:足尾・仁田元沢~石塔尾根)
2017.06.10-11 集中山行(春) B班 入深沢~出戸深沢
2017.06.10-11 集中山行(春) C班:滝ノ岐川左俣~出戸深沢~ここ滝沢~滝ノ岐川左俣
Comment
No title
いいねぇ~、記憶が蘇ってきます。
でも、この日の晩はこの油の多さがこたえたな。
全然空腹にならなかった。
歳ですね。油脂を摂りすぎると、とても消化が遅くなります。
No title
牛ちゃんもだけど、付け合わせの野菜がとてもおいしそうに見えます。いいな~
No title
よだれが...(笑

一番最後の写真のインパクトが素敵です
No title
は~い。お肉おいしかったですぅ。
付け合せのトマトはやけどしますから、気を付けてくださいね。


って、沢もよかったです!!
どうしてか、私の行く手にはクモの巣もなく、きれいな沢を堪能できました。
No title
少し蜘蛛の巣を残しておけばよかったかな。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
カテゴリ